2号

2goukinottemasu006_R.jpg
アンダーガードのボルトが吹っ飛んでたり、汚れが乗りまくってたり、塗装が剥げてさびてたり・・・・・・
でも、クオリティに目をつむればやっぱカッコいい(自画自賛)

そんな2号機almaの
脱!ボロバイク!覚書。

2goukinottemasu005_R.jpg
まずフォーク。
やっぱこれ曲がっててだめだわ。
モトジさんから譲ってもらったマルエムブルーと思われるC100のフォークに交換する。
ついでにこのカブで一番ネックになってるハンドルストッパー、ハンドルロック、サスアーム現行化の加工もその際にまとめてやる。
ハンドルストッパーはどうすればいいか全くめどが立ってないけど・・・・・・

塗装。
やっぱウレタン吹かないとだめだわ。
表面劣化して汚れがしみこむ。汚いバイクはおのずとそういう扱いになってしまって悪循環だからこれも再塗装して何とかする。

エンジン。
やっぱちゃんとした部品使わないとだめだわ。
ヤフオクで買った格安中華の4速ミッションはあかん。組み込みの時点で寸法がおかしい(シャフト径がベアリングとあっておらずガッタガタ)ことには気づいてたけど、音が鳴るしシフトダウンの時に嫌なフィーリングがある。もともとはリーファンかどっかのエンジンの4速らしいけどこれは買ってはいけない部品。
これもモトジさんから譲ってもらったCD90純正4速にしたい。
せっかくJUN製のニカジルシリンダーが入ってるのに台無しになってしまう。あと妙にオイルを喰う原因もつぶしたい。

電装。
やっぱ設計通り組まないとだめだわ。
何故かテールポジションのAC配線(ハーネス側)が死んでるのでDC配線でテールを稼働させてたけど走っても発電が追い付かずバッテリーが上がるw
今はLED化して使ってないメーターポジションから延長してテール球を点灯させてるけど、これも接触不良のもとになってるのでできれば何とかしたい。
あとタコメーター。ぶっ壊れてるので早く代わりを見つけないと。


20161016_210652_R.jpg

結構昔に流行した50系と前期型90の110ドラムに130ドラムのブレーキアームを組み合わせる組み方。
これも最近良くないんじゃないかなぁ。って。
ワイヤーに無理がかかってゴムブッシュの部分がちぎれちゃうのと、握りしろが増えて扱いにくい。

元々は制動力を上げるために少ない力でより力がかかるようにされたカスタムだけど、必要な制動力自体はデイトナの青いブレーキシューを使えば十二分に出るのでデメリットだけ出てるような・・・・・・

90カムだった。

マフラー変更後、セッティング自体は出てて速いのは速い。
ただ、ピーク重視というより中速域のツキを重視してるのでもう一声欲しい。
最初の平地インプレで十分トルクがあると思っていたけど、回転が乗っていない状態で強い負荷がかかると肝心の中速域で粘らない。

そこでカムのスペックを落として低速よりに振ってみた。
kamukamu (2)
変更前はJUN105SP。これは標準の105用カムのプロフィールのまま約500回転ほど高速型になる代物。
kamukamu (3)
変更後は105の標準カム。を入れたつもりで90の純正。
夏にneriさんが大阪に来たときに乗ってもらった仕様も90カム。

間違えて入れた代物だけど意外と・・・・・・
フィーリング的に低中速だけの印象で、高回転域に入ると振動が増して不快だけど今までどの仕様でも出たことのない120キロ台に突入。80キロくらいまではかなり速い。
低中速はドンとパワーが出てるというか突飛なパワーの出方するというかノークラッチだと乗りにくさを感じるレベル。ややノッキングの気配もある。音もだいぶ小さくなる。


これのプロフィールのままリフトを上げたカムとかあれば組み合わせバッチリになりそう。
カム次第で大分変わる。案外2号機に入ってるBF80用カムとか入れたらちょうどいいかもしれない。
kamukamu (1)
C90純正

多分これは良いモノ。


オイルな話。
昔、旧車系のショップの店長さんから、素人ほどオイルに拘る。ははは。と聞いていたけど・・・
拘るさ。だって素人だもの。
というわけで、チューニングエンジンだし、JUNinternationalメーカー推奨の旧エフェロ、現ヤマルーブプレミアムを入れてる。
それ以前はワコースのプロステージとかアッシュのよくわからないやつとか、匠のエステル系タクマインとか使ったりしてた。
(全て10W-40)

ぶっちゃけ、オイルの種類を変えたことでエンジンの調子が変わるとか。ってのは体感したことはない。
シフトが入りやすくなったりタッチが変わるのはどのオイルでも交換すれば変わるし、消耗が少なければ問題ない。
ブランドによる変化ってのは微々たる差では?って思ってたんだけど。

yamaru-bu.jpg
使っているヤマルーブプレミアムがヤマルーブプレミアムシンセティックに変わってオイル交換数回。
あれ?これ違うくね?と。

フィーリング云々というより耐久性的なところで違う気がする。
音が変わった。


走行条件にもよるけど
以前のプレミアムだと大体1200~1300キロくらい走ったあたりでエンジンのノイズに角が立つ感じというか、あー、そろそろヤバいな。って感じの音が出るところが、シンセティックになってから1400~1600キロくらいにならないとその音にならない!
抜いたオイルのラメもやや少ない!
しかも値段も高くない。


オススメ!

一品料理 かっぱ

ネリマカ来阪2016001_R
ネリマカ来阪2016006_R
僕が余計なことをしなくても、実力だけで流行ると思うけど微力ながらちと宣伝をば。

よく遊んでもらってるカブ仲間のカッパさんが環状線野田、地下鉄玉川、近鉄西九条から歩いてすぐ。のとこに
”一品料理かっぱ”をオープン。



場所はこの辺。
営業日は日祝が休みで17:00~23:00が営業時間


和食系の居酒屋になるのかな?
飲み屋で、アテになる一品料理を出してくスタイルで、そういう風にリクエストしたので食べさせてもらったのは和食中心だけど色々やりはるみたいです。
その日の朝に気に入った物を仕入れてメニューが変わるそうなので季節とか日によって出てくるものが変わるそうな。
予約しておけば予算に合わせたコースも可。

ネリマカ来阪2016005_R
まー!料理、旨いです!
褒めると、うさん臭くなりそうだけど、身内補正というのは完全に抜きで。
お出汁、割り醤油、ポン酢とかの自家製の液体を使った料理が特に美味しい。めちゃ複雑な味。
ボトルで売ってたら実家帰るときのお土産に買って帰りたいくらい。

neriさんが言ってましたが、カッパさんのカブの味つけや設計思想からは想像ができない優しくて繊細な味(笑)
僕的には京風?な印象でした。
パンチのある味とか量ってより胃に負担の少ないあっさり系、素材の味がメインの料理が多かった。仕入れの素材次第でガラッと変わるかもしれないけど。
酒は西山酒造の小鼓があって日本酒飲むなら僕的にはそれが一押しです。


大事な価格面。
具体的には分からないです。
高すぎず安過ぎずなところじゃないかと



↓以下、料理。

続きを読む

specials

20160813_151622.jpg
去年の秋に秋田に行った帰り、”来年も大阪行く”と握手を交わし分かれたneriさん、マカマカさん。
今年も来阪!

いやー、この人たちすごいわw
大阪まで。ではなく、九州の関門海峡を抜けて、ラーメン食べて折り返して大阪まで来てるのでカブ自走距離が出発してから既に2000キロオーバー。
しかも10日の夜に出発して11日深夜には福岡にたどり着いているという・・・・・
おかしいよ(笑)


続きを読む

天川キャンプ

20160807_085702_R.jpg
K2さんが天川村でキャンプしよう!
ってことだったのでデイキャンプで参加してきた。

天川村は泉の森キャンプ場。
20160806_144144.jpg
広くはないけど林間サイトで日よけもあるし立地的にかなり涼しい(*´Д`)
管理のおばちゃんも優しい。
地面は砂利?芝?。こういうのなんて言うんだろ。
森の中で、空気とか地面とかも基本的に湿気が強めな印象。

続きを読む

河童の川流れ


行方不明により捜索なう。

ど、どこへ消えたんだカッパさんw




-------------
翌日発見されました。
お騒がせしました。

今更だけどカブ8時間耐久。
20160618_194112_R.jpg
レース一週間前のブリーフィング。もといBBQ




当日のはK2さんが編集した動画にて。


後は写真を徒然なるままに。

続きを読む

消音志向



今のマフラーの音量を絞ってみる試作。
かなり静かになった。やっぱ排気を制限すると全然違うなぁ
やりようによってはもう少し消音出来ると思う。

さすがにパワー重視のバッフルと比べると高速域の出力が落ちてるけど、うちのエンジンだとピークで稼ぐタイプの味付けではないからか思ったほどの差がない?
・・・・・・いや、パワーダウンしてるけど消音とトレードオフということを考えるなら妥協できる。感じ。


普段はこっちのが静かだしええかもしれん。上が重たいフィーリングは出るけど一応3ケタのるし。
カッパさんのカブだとトップギアでパワーが減衰。ウチのカブと共通してるのは90キロくらいまでの仕様なら”まぁアリかな。”
マフラー本体がそれなり以上のエンジンスペックを要求するタイプなので小排気量とかにはこういうバッフルついてる方がええんじゃない・・かな?

JUN製 NEW ステンレスインナーメガホンマフラー2 まとめ。

20160521_162011_R.jpg
セッティングが出たのでインプレまとめ。
内容的には過去の分と重複すると思う。結論はいいマフラー!


このマフラーの特徴的には

①ステンレス製
②バッフルが交換式
③純正形状
④国産のクオリティ
⑤構造

この辺かなと。
①はメリットデカい。前作のスチール最大の欠点は錆びる。
手入れしてれば錆びないんだけどね・・・・
グレードを上げても海外のメッキでは持たなかったようで、その辺を嫌っての変更だそうな。焼けは入るけど錆びない。良い!

②性能面、音量面の変更できる。
バッフルそのものはメーカーでオプションが出ない限り替えが効かないので、現状変更できない。んだけど、自作の消音加工が効く形状だけでも僕的にはうれしい。
多少うるさくても何とかなる。

③形がカブ90用のノーマルと同形状、同寸。
人それぞれだけど、僕的にはイーハもクラブマンもカブも純正のマフラー形状が一番いい。モナカのデザインとかもイイよなぁ(*´Д`)
カブラとか、パニア装着とかその他の外装の選択幅を制限しないのも僕的には必須条件。

④確実、安心な国産クオリティ。
製造元はオーバーレーシングとかのマフラーも作ってる工場製。
素材、タマ数的、構造も含めてコストがかかってるらしく価格がかなり高い。これでもほとんどマージンないそうな・・・
その分、クオリティは国産らしくきれいなもの。

⑤ストレートと多段膨張の相の子のような構造のマフラー。
昔の純正モナカと同系統の構造に、レースシーンではメジャーなテーパー管の組み合わせ。
恐らくチャンバーとかサンパー理論に近いものを利用した感じ。基本的にはスチールと同じ。
カーボンが溜まって初期より静かになることはあっても、これ以上うるさくなることはないのはいい。

続きを読む

浜の宮釣行

528 浜の宮サーフ_6209
モユルとサーフ釣行。
和歌山のマリーナシティ―北側のサーフでやってみた。
潮まわり的には大潮後の小潮で期待値は低め。厳しい勝負になるだろう。


狙いはキス。
あわよくばそれを食べにくるであろう、マゴチ、ヒラメ狙い。 宮津とかだと今くらいが一番マゴチがアツイシーズンなので期待せずにはいられない!
キスはテンビン仕掛けで投げ。
マゴチヒラメはルアーで。


続きを読む

JUN製ステンマフラー投入!

20160515_020440_R.jpg
JUN international製ステンレスインナーメガホンマフラー2投入!
インナーメガホンマフラー(スチール)が廃盤になって次回作で登場したステンレスの!
仕上げめちゃ綺麗(°∀°)
国産で手作りだし純正形状でステンレスってのが素晴らしい(*´Д`)カブラとのクリアランスも完璧。
隔壁構造で複雑な作り、聞いた限りだと生産数も少な目でコストめちゃ掛かってるし恐らく再生産されない。
カブのマフラーとしてはかなりの高級品だけど一生もの。

カブラにしろ1号機についてる部品はそういうものが多い。欲しいカブの部品は売ってるうちに手に入れないとすぐ廃盤になるから二度と手に入らんようになるんやで。確か初代スチールメガホンが300、初代ステンが20(neriさんのところのみ)、これが100か150本。
経験上、廃盤になってから中古で買うとめちゃ割高。球数的にめったに出ないし値崩れしないし場合によっては新品より高かったりする。


*サラさんのカブより。うちのは排気量とバルブ径的にこれより音小さい。

音量はスーパーミドルよりかは静か。でもスチールメガホンから比べるとでかい。よくある社外マフラー並。といえばそんな感じかなぁ。2号機の純正マフラーに慣れてると静かなマフラーとは言えないけど、トルクがあるぶん回して乗らないので普段はあまり気にならないかな。性能とトレードオフな部分だし多少は仕方あるまい。
音質は前作と同系統の音で、前作よりパンチのあるやや高めの音が出る。アクセルオフ時の音質が気になる。
回したときはバァァァァァァァァァンって高音が鳴る感じのスポーティな音質。

エンジン仕様とかセッティングで、どの程度トルク稼げるかによって走行中の音量も変わるし、音質も変わってくるので印象も変わると思う。
エンドバッフルが交換式なのでこれからコロコロ変わる部分と思われ。

セットが出てないので今のところ性能的なことは保留で。
スチールと違って錆びない!
クオリティ、デザイン最高や(*´Д`)



以下自分用セットメモ的なもの。

続きを読む

海釣り

去年の10月?頃行ったのを最後に釣り行かず。
というわけで、モユルと久しぶりに海釣り。

20160508_093601_R.jpg
和歌山は田ノ浦漁港で。
釣りはサビキ!

釣りにはまっていろんな釣り物にチャレンジした結果、行ったはいいものの坊主で帰ってくることも多かったので、何か釣って食べたい欲が爆発。手堅い釣果が期待できるサビキへ。
今日は餌釣りオンリー。ルアーは禁止じゃいっ
原点回帰!的な(°∀°)


20160508_101702_R.jpg
20160508_101708_R.jpg
僕らは”ガチ”の人に混じって深夜から釣り場にINしていたので場所が取れたけど
”四季の釣り”で紹介されたしGW最終日ということもあって釣り場は超満員。


続きを読む

安定感抜群


XR! セッティングも完璧に近いところまで出てるので実走だ!ということで実家周辺の山道開拓。


このバイク、どっからでもよく曲がるしよく止まるし接地感が半端ない(´・д・`)しかも軽くて楽。
カブのチープでスリリングな乗り心地に慣れてしまってて、路面に吸い付く感じが安心感あって素晴らしいんだけど、スリルがなくてある意味面白くない(笑)
バトラックスの601SS?街乗りにはハイスペックすぎるタイヤが原因かもしれん。

”走る人”に言わせると純正のサスはショボいらしいけど、ライトチューン+僕程度ではこの車体の限界を見ることはなさそう。破綻する気がしない。
装備された部品的に割高な車両価格。なんでこんな高いん?って印象のバイクだけどパッケージング的にちゃんとしたバイクって感じだわー。

105チューンのカブリエルから比べるとパワー的にはもう一声欲しい感じ。
直線の速さ的にはXRよりカブのがダッシュも最高速も速いんだけどカーブ込みの山道ではXRのが余裕で速い。
特に舗装が荒いところ、複合コーナーとか切り返しがあるところだと、性能差がもろに出る。
でも、車体の性能がパワーに対して余裕がありすぎるというか
アンダーコントロール過ぎて刺激がないw


チューンドのカブが危ないのであってこれが普通なのかもしれんけど。限界まで走りを詰めるような事はしないからこそ危険をはらんだスリルを手軽に味わいたいw
多分だけどこの足まわりで破綻しうるパワーもたせると死ねる速度になってしまいそう・・・・
テイストが味わいたいだけだからもう少し・・・もう少しアメイジング!な雰囲気が欲しいwPE24とか入れたら変わるかしら。

ふぁっく!


エキパイにコンビニの袋巻き込んでしまった!磨いたばかりなのに!
路上に袋捨てたやつマジ許すまじ。



ファァァッック(´・д・`)


プロフィール

ももす

Author:ももす
( ゚ρ゚ ) ああ…あああ…ああ…


このページはCUB FELIMINONのブログです。
リトルカブ&GB250クラブマン関連ネタを中心にまとまらない感じでお送りします。

「MUDA PLANET」
「人生」から「無駄」を差し引いて「結果」だけ求めたら何が残ると思う!?「死」よ!!
”いぬまるだしっ”のすずめちゃんの発言より。

バナー




オトモ
buroguyou1.jpg
C50LM  LITTLE CUB
CUBRIEL
愛車。JUN105cc最高。カブラサイコー!


buroguyou3.jpg TL125SB IHATOVO
IVY
レストア車。純正ブレーキが全く効かないおちゃめさん。不思議な縁があるバイク。


buroguyou4.jpg AA01L LITTLE CUB
ALMA
コンセプト車。ゲッターちゃん。ヒュンヒュン回るJUN80cc。意外と出来る子
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
潮流予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる