天川キャンプ

20160807_085702_R.jpg
K2さんが天川村でキャンプしよう!
ってことだったのでデイキャンプで参加してきた。

天川村は泉の森キャンプ場。
20160806_144144.jpg
広くはないけど林間サイトで日よけもあるし立地的にかなり涼しい(*´Д`)
管理のおばちゃんも優しい。
地面は砂利?芝?。こういうのなんて言うんだろ。
森の中で、空気とか地面とかも基本的に湿気が強めな印象。

続きを読む

河童の川流れ


行方不明により捜索なう。

ど、どこへ消えたんだカッパさんw




-------------
翌日発見されました。
お騒がせしました。

今更だけどカブ8時間耐久。
20160618_194112_R.jpg
レース一週間前のブリーフィング。もといBBQ




当日のはK2さんが編集した動画にて。


後は写真を徒然なるままに。

続きを読む

消音志向



今のマフラーの音量を絞ってみる試作。
かなり静かになった。やっぱ排気を制限すると全然違うなぁ
やりようによってはもう少し消音出来ると思う。

さすがにパワー重視のバッフルと比べると高速域の出力が落ちてるけど、うちのエンジンだとピークで稼ぐタイプの味付けではないからか思ったほどの差がない?
・・・・・・いや、パワーダウンしてるけど消音とトレードオフということを考えるなら妥協できる。感じ。


普段はこっちのが静かだしええかもしれん。上が重たいフィーリングは出るけど一応3ケタのるし。
カッパさんのカブだとトップギアでパワーが減衰。ウチのカブと共通してるのは90キロくらいまでの仕様なら”まぁアリかな。”
マフラー本体がそれなり以上のエンジンスペックを要求するタイプなので小排気量とかにはこういうバッフルついてる方がええんじゃない・・かな?

JUN製 NEW ステンレスインナーメガホンマフラー2 まとめ。

20160521_162011_R.jpg
セッティングが出たのでインプレまとめ。
内容的には過去の分と重複すると思う。結論はいいマフラー!


このマフラーの特徴的には

①ステンレス製
②バッフルが交換式
③純正形状
④国産のクオリティ
⑤構造

この辺かなと。
①はメリットデカい。前作のスチール最大の欠点は錆びる。
手入れしてれば錆びないんだけどね・・・・
グレードを上げても海外のメッキでは持たなかったようで、その辺を嫌っての変更だそうな。焼けは入るけど錆びない。良い!

②性能面、音量面の変更できる。
バッフルそのものはメーカーでオプションが出ない限り替えが効かないので、現状変更できない。んだけど、自作の消音加工が効く形状だけでも僕的にはうれしい。
多少うるさくても何とかなる。

③形がカブ90用のノーマルと同形状、同寸。
人それぞれだけど、僕的にはイーハもクラブマンもカブも純正のマフラー形状が一番いい。モナカのデザインとかもイイよなぁ(*´Д`)
カブラとか、パニア装着とかその他の外装の選択幅を制限しないのも僕的には必須条件。

④確実、安心な国産クオリティ。
製造元はオーバーレーシングとかのマフラーも作ってる工場製。
素材、タマ数的、構造も含めてコストがかかってるらしく価格がかなり高い。これでもほとんどマージンないそうな・・・
その分、クオリティは国産らしくきれいなもの。

⑤ストレートと多段膨張の相の子のような構造のマフラー。
昔の純正モナカと同系統の構造に、レースシーンではメジャーなテーパー管の組み合わせ。
恐らくチャンバーとかサンパー理論に近いものを利用した感じ。基本的にはスチールと同じ。
カーボンが溜まって初期より静かになることはあっても、これ以上うるさくなることはないのはいい。

続きを読む

浜の宮釣行

528 浜の宮サーフ_6209
モユルとサーフ釣行。
和歌山のマリーナシティ―北側のサーフでやってみた。
潮まわり的には大潮後の小潮で期待値は低め。厳しい勝負になるだろう。


狙いはキス。
あわよくばそれを食べにくるであろう、マゴチ、ヒラメ狙い。 宮津とかだと今くらいが一番マゴチがアツイシーズンなので期待せずにはいられない!
キスはテンビン仕掛けで投げ。
マゴチヒラメはルアーで。


続きを読む

JUN製ステンマフラー投入!

20160515_020440_R.jpg
JUN international製ステンレスインナーメガホンマフラー2投入!
インナーメガホンマフラー(スチール)が廃盤になって次回作で登場したステンレスの!
仕上げめちゃ綺麗(°∀°)
国産で手作りだし純正形状でステンレスってのが素晴らしい(*´Д`)カブラとのクリアランスも完璧。
隔壁構造で複雑な作り、聞いた限りだと生産数も少な目でコストめちゃ掛かってるし恐らく再生産されない。
カブのマフラーとしてはかなりの高級品だけど一生もの。

カブラにしろ1号機についてる部品はそういうものが多い。欲しいカブの部品は売ってるうちに手に入れないとすぐ廃盤になるから二度と手に入らんようになるんやで。確か初代スチールメガホンが300、初代ステンが20(neriさんのところのみ)、これが100か150本。
経験上、廃盤になってから中古で買うとめちゃ割高。球数的にめったに出ないし値崩れしないし場合によっては新品より高かったりする。


*サラさんのカブより。うちのは排気量とバルブ径的にこれより音小さい。

音量はスーパーミドルよりかは静か。でもスチールメガホンから比べるとでかい。よくある社外マフラー並。といえばそんな感じかなぁ。2号機の純正マフラーに慣れてると静かなマフラーとは言えないけど、トルクがあるぶん回して乗らないので普段はあまり気にならないかな。性能とトレードオフな部分だし多少は仕方あるまい。
音質は前作と同系統の音で、前作よりパンチのあるやや高めの音が出る。アクセルオフ時の音質が気になる。
回したときはバァァァァァァァァァンって高音が鳴る感じのスポーティな音質。

エンジン仕様とかセッティングで、どの程度トルク稼げるかによって走行中の音量も変わるし、音質も変わってくるので印象も変わると思う。
エンドバッフルが交換式なのでこれからコロコロ変わる部分と思われ。

セットが出てないので今のところ性能的なことは保留で。
スチールと違って錆びない!
クオリティ、デザイン最高や(*´Д`)



以下自分用セットメモ的なもの。

続きを読む

海釣り

去年の10月?頃行ったのを最後に釣り行かず。
というわけで、モユルと久しぶりに海釣り。

20160508_093601_R.jpg
和歌山は田ノ浦漁港で。
釣りはサビキ!

釣りにはまっていろんな釣り物にチャレンジした結果、行ったはいいものの坊主で帰ってくることも多かったので、何か釣って食べたい欲が爆発。手堅い釣果が期待できるサビキへ。
今日は餌釣りオンリー。ルアーは禁止じゃいっ
原点回帰!的な(°∀°)


20160508_101702_R.jpg
20160508_101708_R.jpg
僕らは”ガチ”の人に混じって深夜から釣り場にINしていたので場所が取れたけど
”四季の釣り”で紹介されたしGW最終日ということもあって釣り場は超満員。


続きを読む

安定感抜群


XR! セッティングも完璧に近いところまで出てるので実走だ!ということで実家周辺の山道開拓。


このバイク、どっからでもよく曲がるしよく止まるし接地感が半端ない(´・д・`)しかも軽くて楽。
カブのチープでスリリングな乗り心地に慣れてしまってて、路面に吸い付く感じが安心感あって素晴らしいんだけど、スリルがなくてある意味面白くない(笑)
バトラックスの601SS?街乗りにはハイスペックすぎるタイヤが原因かもしれん。

”走る人”に言わせると純正のサスはショボいらしいけど、ライトチューン+僕程度ではこの車体の限界を見ることはなさそう。破綻する気がしない。
装備された部品的に割高な車両価格。なんでこんな高いん?って印象のバイクだけどパッケージング的にちゃんとしたバイクって感じだわー。

105チューンのカブリエルから比べるとパワー的にはもう一声欲しい感じ。
直線の速さ的にはXRよりカブのがダッシュも最高速も速いんだけどカーブ込みの山道ではXRのが余裕で速い。
特に舗装が荒いところ、複合コーナーとか切り返しがあるところだと、性能差がもろに出る。
でも、車体の性能がパワーに対して余裕がありすぎるというか
アンダーコントロール過ぎて刺激がないw


チューンドのカブが危ないのであってこれが普通なのかもしれんけど。限界まで走りを詰めるような事はしないからこそ危険をはらんだスリルを手軽に味わいたいw
多分だけどこの足まわりで破綻しうるパワーもたせると死ねる速度になってしまいそう・・・・
テイストが味わいたいだけだからもう少し・・・もう少しアメイジング!な雰囲気が欲しいwPE24とか入れたら変わるかしら。

ふぁっく!


エキパイにコンビニの袋巻き込んでしまった!磨いたばかりなのに!
路上に袋捨てたやつマジ許すまじ。



ファァァッック(´・д・`)


全波かー(´・ω・`)

PIAAのフォグカッコいいからつけたいのよねー。
お高いからなかなか手は出んのだけどね。この額あればエキセルアルミリム入れたいし追い金してTYPE-N5速入れたい。
でも考えるのは好きだから妄想のお話。
いつも通りうだうだと書いてみる。
fogu.jpg
こういう感じで。
アクセサリーパイプにクランプさせて固定できればベスト。
レッグ周りの貧弱さが改善されて中々カッコいいと思うんだけど。

夜目が効く利く方なので夜の山道でもノーマルのヘッドライトで何とかなってるし、デザイン上つけたいだけだから
最悪点灯しなくてもいい。くらいに思ってる・・・・・・額が額だけにせっかく付けるなら。って気もする。点灯したらヘッドライトをLEDにするより明るくなりそう。

仮に点灯させることを前提にした場合、LEDフォグなので
バッテリーから電源を取らないといけないっぽい。
そうなるとカブの発電量的にバッテリー上がり起こすのでは・・・?


全波整流かぁ・・・・・・



色味が好みでないので標準装備の灯火類はLED化したくないし、消費電力気にしてライトつけたり消したりするのもめんどくさすぎる。
ん~。
どうなんやろ。周りにもやってる人いるけど全然分からんw
”4”クラス?のバッテリーの容量的に過放電、過充電になって負担かかったりせんかな?
そもそも全波したところで単相交流の発電力で賄えるもんなんかな?





というわけで全波整流・・・
気になって調べてみた。

続きを読む

カスタム思案自作ウインカー

cubrielのリアウインカーとフロントウインカーが違うのが気になるので思案。
リアはよくある72タイプの汎用、フロントはリトル純正。
パッと見、違和感はない。
けど、球の種類がフロントはウェッジタイプでリアはバヨネットタイプ。使用してる球が違うのが地味にめんどくさい。
リアと同じバヨネットタイプで統一できればイーハとかにも使える規格だし、出先でも手に入りやすい球だし安いし何かと便利だ。
手持ちパーツで何とかできてコストもかからないし、ディテールアップもしたいしね。
20160418_082049_R.jpg
取り付け用ベースとして純正を削ってみた。



20160418_082022_R.jpg
20160419_022737_R.jpg
穴あけしたりしてセット。
とりあえず形になったので仮組してみたら問題発覚(;´Д`)
すんなりいってくれよ!

①ウインカーレンズを固定するボルトがハンドルカバー内部のリブにガッツリ干渉する('A`)
②配線が何かに噛んでしまってて動かず、メーターを2眼化した影響でバラすとどえらいことになるハンドルカバー外さんと交換できなさそう('A`)
③ベースを外して→レンズを止めるボルトを外して→タマを交換の手順。が思った以上にめんどくさい(笑)


あぁ('A`)チクショー

①はレンズ固定用のボルトが刺さってる角度を斜めにオフセットすればクリア。
取り付け時に2本のボルトがちゃんと水平になるように穴あけしたのにやり直し。というかボルトが斜めにオフセットされた状態ってださく・・・・ないかな?ディテールアップも目的としてるのに大丈夫か?で迷い中。

②は・・・・ハンドル廻りは開けたらパンパンで簡単に閉まってくれないから・・・極力ハンドル廻りはばらしたくない。まぁ、最悪開けてしまえば取り付け自体はどうとでもなりそう。やりたくないぃぃ・・・

③やっぱり・・・・レンズを止める2本のボルト外すだけで球にアクセスできる構造にしたいなぁ。
タップ切る?ナッター打ち込む?ベストなやり方が分からない('A`)
今考えてるのはナットをプラリペアで固めてインサート成型してしまう方法、これも回り止めとして実用的な強度が得れるかは疑問。



どうせやるならちゃんと仕上げないと意味がないので解決するまではとん挫かなぁー(;´Д`)
特に③はどうにかしたい。ん~







20160423_044038_R.jpg
9年使ってるオーディオテクニカのATH-AD500(ヘッドホン)が中で断線してしまったので、分解してハンダで修理。
馴染んでいい音が出るヘッドホンだから何とか直ってくれてよかったー(゚∀゚)
ヘッドホンって一度それなりの物を使ってしまうと、安物の耳に刺さるシャリシャリが気になって使えなくなる。
てか1万しないのヘッドフォンでこんだけ使えてりゃ値打ちあるな(´・ω・`)
長く使うならもっと高いの買ってても良かったかも。

GBよ、また。

20150905_151958_R.jpg
クラブマン。手放しました。

2009年にだてクンの紹介を介してお店で購入。
手に入れてからTRSTYと名付けてかれこれ7年乗りました。
自分としては買い足しはするけど買い替えはしない。タイプ。だし、付き合いの長いバイク。なので自分で売っておきながら、引き取られて手元から離れていくクラブマンを見て、何とも言えない気持ちに。
何というかこう・・・やっちまったなぁ的な・・・・・ね。


クラシックブームでミーハーな層に爆買いを食らった車種の一つなので、キムタクで人気が出たTW等と同じで
カブ並みにボロボロのタマばかりの中古市場では珍しくきれいな個体でした。
汚いバイクは嫌いなので7年乗っても購入当時以上の状態を保てて我ながら綺麗に乗ってたと思う。
購入当時cubrielとの2台体制、便利で速い乗り物で、長野にも行ったし一人で海釣りに行く時はこれを使っていろんなところを回った愛車。ノーマルのくせに不具合あったり、それを直したり手間もかけました。
不思議なエピソードのあるバイクで、身内の一部で妖車認定されてました(笑)


でもここ数年めっきり出番がなくなり、バッテリーも定期的に外して充電しないと維持できないし、オイル交換も走行距離ではなく使用期限で交換する始末。溜まってきたホコリをフクピカして眺めるだけ。
4台目・・・ALMAを作ったあたりからサイクルが変わってしまってました。
ALMAはゲタバイクで荷物がたくさん載るし、cubrielは街乗りでは最速クラスの機動力なので無理に出番を作ってやらないと乗れる機会がない。
動態保管するのに、以前なら乗ってるから意識しなくても勝手に出来てたのが、意識的にばらしたりしないと維持できなくて、4台あると流石に気が回らない。
去年なんて春先に1回、7月にツーリングで1回、年末にチョイノリで1回。計3回くらいしか乗ってない。


僕的に、いかにバイクでも乗れて初めて価値が生まれる。と思っているので
現状、ただのカッコイイ置物。になってしまっていて、放っておけば朽ちていくだけのゴミ。になってしまうのが気になっていました。
迷いに迷って・・・・手放しました。
引き取って行ったのは他にも車とかバイク4.台5台持ってる人で、乗ってもらえそうな感じの人でした。
ああ、ごめんよクラブマン。今までありがとうクラブマン。

駐輪時にチャリでつけられたキズ。

チャリムカつくわー


レア物



スズキのRE-5?だっけ?

結構知られてるけどまずお目にかかれない珍車。

初めて実物見ました。


これ、バイクでは唯一?のロータリーエンジンです。


こういうよくわからない方向性というか合理的でなさそうな空気感好きです。

なんとなくスチームパンクなロマンに溢れてる。やっぱバイクは実用だけの乗り物じゃないよなぁ。

道具と言うより服飾品に近いと思う


プロフィール

ももす

Author:ももす
( ゚ρ゚ ) ああ…あああ…ああ…


このページはCUB FELIMINONのブログです。
リトルカブ&GB250クラブマン関連ネタを中心にまとまらない感じでお送りします。

「MUDA PLANET」
「人生」から「無駄」を差し引いて「結果」だけ求めたら何が残ると思う!?「死」よ!!
”いぬまるだしっ”のすずめちゃんの発言より。

バナー




オトモ
buroguyou1.jpg
C50LM  LITTLE CUB
CUBRIEL
愛車。JUN105cc最高。カブラサイコー!


buroguyou3.jpg TL125SB IHATOVO
IVY
レストア車。純正ブレーキが全く効かないおちゃめさん。不思議な縁があるバイク。


buroguyou4.jpg AA01L LITTLE CUB
ALMA
コンセプト車。ゲッターちゃん。ヒュンヒュン回るJUN80cc。意外と出来る子
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
潮流予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる