MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in レポ

ヘルスィてげてげキャンプツーリング レポ

-0 COMMENT
blog_tege1.jpg
ヘルスィてげてげキャンプツーリングに参加してきました。
「へるすぃ」と聞くとどうしても世紀末リーダァ伝たけしを思い出してしまうのは僕だけなんだろうか・・ 今年の5月に溝に落下してカブリエルはともかく僕が相当なダメージを受けたのでまさか今シーズン中に復活できるとは思いもしなかった。
カブリエルも参加1週間前にギリギリで復活を遂げ、なんだか初めてカブに乗った時のことを思い出した。
思えばエンジン壊れたり事故ったりまともにカブに乗れた年って・・・
20091011022121.jpg
時間がなくてパッキングが出発1時間前からという強行スケジュール。
箱は塗装して綺麗に仕上げるまでとっておきたかったけど荷物の関係上泣く泣く積載。
モノは、あの超有名カブについていたものでキャリアも同じものなので安心しきっていたのですが、ばっちり固定できるステーが手持ちになく、というかどうやって固定していたのかすら分からず・・・・

穴からボルトを出してPP製安物結束バンドで止めただけ。PA6とかPA66製のちゃんとしたものならまだ・・
という超!不安な固定方法で完成。



blog_tege8.jpg
寝たら起きれないと話す濱君と合流。
1時間くらいだらだらと家の前で話して3時ごろ出発。



blog_tege9.jpg
2種×4速組というカブにしては比較的ハイスペックなこの2台。
スイスイとR25⇒R43⇒R2と進むが
あまりの寒さに神戸でギブアップ。
温かいところから出てきてる濱君は寒さにやられて出発前の笑顔が消えていた。

口数少なくもくもくと駆け抜け、姫路の港に到着。
20091011064835.jpg
フェリー乗船までテキトーに時間をつぶす。
寝不足と寒さで頭をやられてきてた。


blog_tege10.jpg
乗船、停車、固定するときに倒れるかもって言ってんのに安定しない傾斜のとこに止めさせられてかなり不安を覚えながら乗船。

不安やけどフェリーのゴゴゴゴゴゴという音にテンションが上がってくる。

blog_tege18.jpg
今回は何か車が異常に多かった。
というか乗船客の年齢が非常に高くて、サイコロ使う遊びやっててフェリー内は賭場の雰囲気w
フェリーを降りると右に行くか左に行くかしかないので、しばらく他のライダーと千鳥走行。

写真はないけど、何か福田港でお祭りっぽいことやってたから多かったのかも。


集合時間までの予定も特に決めてないのでとりあえず寒霞渓へ。
blog_tege19.jpg
山道に入り、軽快に飛び出していく濱君。
濱君の後ろについて走ってるとカブリエルはステップガリガリ。

blog_tege20.jpg
今回はめっちゃ晴れてて視界がクリア。
嘘のようなぽかぽか陽気にあたりながらボケーとしてたり。
カワラ投げとかいう土器をフリスビーのように飛ばし、となりにいた知らないオネェサマをはぁはぁ言わしたり・・・これ、なかなか楽しかった。穴を通せたら願がかなう?とか言うやつなんやけど濱君に言われるまで気づかずにいかに遠くへ飛ばすか、いかに飛行する鳥に命中させるか、ばかり考えて無駄に投げてたのが悔やまれる。



blog_tege17.jpg
そろそろ飯を食べに行こうとして、僕の記憶通りにうどん屋さんに向かったら、迷ったw
sakuru_sanntarou.jpg
このうどん屋さんに行きたかったんだ!!!


しばらくうろうろしてめんどくさくなってきたので3年前に行ったことのあるうどん屋さんに行くことに。
blog_tege14.jpg
ここも割とおいしいのよね。

ここで話題に上ったのが「釣り吉教授」
どうする?海にはまってガタガタ震える教授がきたらw
とか釣れないからスーパーで買ってきてたりw
なんて話題で盛り上がるw


そんな話をしてたら僕が釣りをしたくなってきちゃって釣竿を探しに小豆島無敵のホームセンターに・・・・
blog_tege13.jpg
いこうと思ったらぴのんさんのカブが。
バイク屋さんに止まってたからトラブルがあったのかな?と聞いてみると、

ぴ:「ハチミツ見に行く」

って言ってバイク屋のおっちゃんと軽トラであいのり、どこかへいってしまった・・
ぴのんさん・・・軽トラ似合わないすね・・・
と濱君が漏らす。



僕も濱君もフェリーで小一時間寝たものの、寝ずに出発したのでキャンプ場でのんびりしよーぜ!ってことで本日の宿泊地点へ。
blog_tege24.jpg
濱君も眠くて顔が歪んできてる。

途中の道でダノシンさんのカブとすれ違うも一瞬。

到着。
blog_tege21.jpg
予定よりかなり早く着いたので当然一番乗り。
誰もいないのでとりあえず管理人さんへ電話すると、

ん?ああ、今日は特にどこでも好きなとこ使っていいよぉ・・

的な感じの受け答え。
ん~  あばうと。



blog_tege29.jpg
一番いい位置を陣取り、テント設営。
今回キャンプ初モノがたくさん。
テント、エアマット、ガスストーブ×2ケ、ナイフ、ガスランタン等など。買ったり、実家から持ってきたもの。ちなみに骨折する数日前に。

特にテント!!「探路者」じゃない!!これすげ~いいのよ!!
「探路者」と言ってもUSKさんくらいにしか通じないけど。
blog_tege30.jpg
これ!これが探路者!詳細はこちら
しまなみの時の写真やけどこの頃から携帯性とか設営、撤収の速さなら多分相当上位に入る部類で使い勝手はいいがしかし!

暑い、狭い、寒い、濡れる、のオプション付き。


なので今回のキャンプで使用した時泣いてもいいくらい感動した!w


そんな感動をかみしめているうちに続々と参加者たちが到着。
blog_tege25.jpg


今回のツーリングの参加者は
hitoshi君
濱君
釣り吉教授
きゃんさん
ぴのんさん
三次さん
マイケルさん
ジェッたかー君
かなやん君
ダノシンさん
イワモト君
ワタクシ

の計12名







宴会はここでしようぜ!
とか
テントはテントはこんな感じにたてていこうぜ!とか話しながら設置。
blog_tege2.jpg
夕日がきれいだったので写真を撮っておく。


ここで・・・
blog_tege16.jpg
ダノシンさんが豪華装備を用意してくれて凄いことに。
ライトも半端じゃなく明るいし腰掛式のイス!!



設置が完了したところで買出し組と火起こし組に分かれて行動。
blog_tege34.jpg
なかなか火がつかなかったけど日が暮れるまでには何とか着火して暖をとる。

ひと段落ついたところでぴのんさんと温泉でのんびり。
のんびりつかり過ぎでもう宴会がはじまってたw

20091011220622.jpg
blog_tege40.jpg
飲んで話して何してたんだろ。
記憶は全然ある。てか酔っ払ってたわけじゃないのに。
なんかカブの話というよりは、他愛もない、寒い。とか、あ、これ暖かい。とかホントどうでもいいことばかりでしっとりと盛り上がってた。もちろんカブの話もしたし、ここに行きたいとかはなしてたけどなんかまったり感が勝ってた。

とりあえず記憶に焼き付いているのが釣り吉教授の「飲んでる?」と釣り吉教授の「ぴのんさん、神!マジ神!」という声w
あとは味きき、というか釣り吉砂糖事件

忘れずに書いておくと、実は釣り吉教授、まさかの50cm越えのアナゴを釣りあげてました!!

hitoshi君や、オックンから釣れない吉だの言われ続けて一年。
これではれて「釣り」という名が付きます。
アナゴという我々の予想のななめ上をいく釣果を上げるあたり、やはり釣り吉教授だな、という感じがする。
かば焼きにしたそれは凄いうまかった!
てか、アナゴってこんな味がするんやね!って感動したもん。マジで。
でも面白いことに一枚も写真がないんだw


濱君が釣り吉教授の靴に細工(右と左の靴ひもを互いに固定してた)をするのを見届けて、
hitoshi君とちょっと話して就寝。







次の日の朝。
快適なテントで快適な目覚めをして、もそもそと濱君の作ってくれたうどん?をすする。
気持ちのいい朝だ。
この時点でダノシンさんが既に帰っていることに気づく。
んで、うちのテントのペグが抜けていたので聞くと釣り吉教授が足を引っ掛けまくったらしく抜いたらしいw
20091012081551.jpg

やけにテンションの高い釣り吉教授。
どうやら濱君の細工に気づかず拘束具と化した靴を履いて歩こうとした瞬間思いっきり倒れたらしいw
容易に想像がついて爆笑してしまった。


先に帰る三次さんを見送りながら・・・
高性能と引き換えに撤収のめんどくささが増したおニューのテントをぴのんさんに手伝ってもらってメンバー中最後にパッキング終了。
火起こしの時にうちわとして使ったテントの説明書兼保証書がなくなっていた。



のんびりまったり目的地へそこにいる全員でむかう。
blog_tege4.jpg
エンジェルロード。
一日に2回だけ陸地でつながるところ。本来恋人同士で渡るものなのだが・・
blog_tege3.jpg
ケタケタ笑いながら観光。
見事なまでにカップルかファミリーしかいなかったw

ライダーはどこに行っても浮くよ~

と誰かが言ってた。
blog_tege5.jpg
引き潮の時に逃げ遅れたと思われるカワハギの稚魚捕獲。かわいい。
持って帰って育てたいけど、間違いなく★になるのでしばらく観賞した後海へ帰した。

その後オリーブ園に向かい、そこから福田港までキャノンボール。

勢いよく駆け抜けていくぴのんさんと濱君。そのあとから僕、きゃんさん。
上りは追いつくけど下りはぐんぐん離れていく。

ちょっと気になったこと。
50ccのジェッたか君は最後に到着したのは分かるんだけど。それから考えるとイワモト君の到着時間がやたら速いことに気が付く。
50ccだよ・・・ね?



フェリー発着時間までに余裕で間に合い乗船。
blog_tege41.jpg
みんな疲れてぐったり。


blog_tege6.jpg
姫路に着いてから解散。

みんなバラバラに。
一番ペースの速かったきゃんさんの後ろについて走る。
blog_tege7.jpg
かなやん君、釣り吉教授に追いついたり。
給油のタイミングで濱君なんかとも抜きつ抜かれつで関西組だときゃんさんの次、2番目に帰宅。
20091012170817.jpg
めっちゃ楽しかった!!
久々のカブリエルでの遠出。
カブリエルも心なしか満足げに見える。


今回のキャンプはリハビリ的な意味でもよかったしおニューのキャンプ用品も十二分に使えることがわかった。オックンから頂戴した箱が異常に便利で、大体アンチ箱な僕なんですがみんなが載せる意味がものすごくよくわかりましたw
また来年もやりたいなぁ。
なんというか誰が主催するわけでもなくわらわらと毎年この時期に集まってくる。
そんなイベントになっていけばいいなぁ。
キャンプなんて別に敷居の高いもんじゃない。きっと僕もだいぶ前にオックンのお誘いがなかったらやってなかったものだろうし、お金のない学生時代でも安物集めてキャンプ出来てた。もっとガンガン参加できる感じになっていけばもっと楽しい気がする。
一つのキャンプ場に100個のテントが集まったり・・とかちょっとステキすぎる。


主催者、機材協力してくださった方、参加者各位。
お疲れ様でした。ありがとうございました!またいつかどこかで走りましょう^^


終わり。
  • Share

0 Comments

Leave a comment