MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in TL125 イーハトーブ

イーハトーブ復活への道⑫

-0 COMMENT
家に来たときは部品取り車だった我がイーハトーブ。
チマチマと修復して復活したのはいいものの。いまいち安心して乗れる代物ではなかったので、次第に乗らなくなり。いつの間にやら放置車両に。
何処も壊れてるわけでもなく動くんだけど、どこも正常じゃない。そんなうちのイーハトーブちゃん。




トリップメーターノブ
i-ha1220170630_192920.jpg
イーハはタンク容量と燃費性能的に出先でのガス欠が非常に怖い。
うちの場合は満タンから100キロ手前くらいで大体リザーブに切り替わる。
これを目安としてそれ以内でGSに入るので近場にGSがなかったときの絶望感たるや(笑)
満タン4.5リッター?から使い切りでも130キロ走れるか怪しい。

クラブマンはどれだけぶん回して走ってもリザーブに入るまでに250キロは走っていたのですんごい短く感じるし、
カブも100キロ走ったらGSに入るスタイルだけど、燃費走行に徹すれば最高でリッター70オーバーまで伸びるエンジン積んでるのでリザーブに入った時の不安が全然違う('A`)

6速の腰下に変えたり吸排気変えたりしてロード向けの仕様にしたらもっと燃費伸びるんだろうけど。
オフロード走りたくてレストアしてるのでナンセンス、空転ロスやら実走するともっと燃費落ちると思われる。



トリップのノブが破損してからはどれくらい走ったかが把握できずに何度かガス欠やらかして押し歩きしてる。
この辺もイーハに乗らなくなった要因。
交換しようにもイーハのノブは圧入タイプで交換できない('A`)
何か代用できるものが無いか探してる過程で、燃料ホースがスポッとハマったので仮で取り付け。
ダサいけど・・・・・とりあえず、距離が把握できるようになったので、近場でならガス欠の心配はなくなった。





試験運用
i-ha1220170702_183536.jpg
再レストア時に目標設定していた場所の一つ。
生駒山頂にある昔のホンダの施設の跡地で、今はトライアルの練習場として使われてる場所。
場所とバイクが年代的にドンピシャ。なので一度持ってきてみたかった場所。
初めてオフ走るならリスクのないところがいいなってのもポイント。

トライアル的なことをするつもりはないけど、だれか練習してるのを見せてもらおう。と思ってきたけどこの日は無人。
記念に写真を撮って満足。
下の方を少しだけ走ったけど、登りもくだりも思った以上に怖い(笑)
滑落一歩手前まで行ったときは体の毛穴がブワッとなったのを感じたw
結局セクション遊びらしいことはほとんどせずフラットに近いところをぐるぐるしてるだけだったOrz  
だって思ってた以上に怖いんだもの('A`)

ここは落ちても何もないけど実際の林道で片側が崖でセクション。みたいなシチュは自分には無理だわw怖いw

i-ha1220170702_183316.jpg
トライアル場に入る手前にある林道
数百メートルしかない林道だけど、この写真を撮った先くらいから、細くなってガレ場続きで面白い!鬱蒼とした雰囲気が怖いけど!w

虫もすごいし横から生えてる草とか跳ね上げた枝とかが体にバシバシ当たっていたい!w
どう考えても半袖半パン、サンダルで来ていいところではなかったw


i-ha1220170702_190542.jpg
i-ha1220170702_190615.jpg
試験的にちょっと走っただけだけど、気づいたらめちゃくちゃ汚れてた('A`)
もともとピカピカじゃないからあんまり変わらないけど、汚いことに変わりはなく、遠目から見た時のボロバイクさに磨きがかかってしまった。



一通りの再レストアは終わったのでオフロード走ってみたけど、バイクの方は仕上がりバッチリかも。
オンロードで削れた腐れタイヤも腐っても鯛。流石のトラタイヤでちゃんと食いつく。
サスもしなやかにギャップを吸収してるし
車高的にも腹をする心配はまずないし、足つきも悪くない。
ただ、レンサルのアルミハンドル。ちょっと乗りにくい。
街乗りで使えなさ過ぎてゴミだと思っていた1.2.3速スーパークロスなミッションもこういう場所だと使いやすく感じる(笑)
ほとんど変わらない1.2速の違いはこういうところで出るのか。と。ちょっと感動した(°∀°)




もう一つ思ったところがあって、やっぱりこのバイクは今のバイクと比べてもトライアル車というよりCLとかCT、XL、SLに近いトレール色が強いバイクかなって。
まるじさんのレクチャーからしても、より悪路走破性に重きを置いたCLのアナザー。的な立ち位置?
ある意味今秋田のカブ乗りで流行っている山カブの方が軽いしトライアル性能高いんちゃう?w
トライアル性能で言えばイーハの次からのTLR系TL125とは雲泥の差があるらしく・・・・もっと言えば最新にこそ栄えアリ。な世界になってしまう。


ってところからオリジナルにこだわってトラ車である必要無いかなぁって思いだした。
イーハの良さって、古さからくるデザインの良さ。と良くも悪くもトラ車として半端であるが故につぶしが効くところ。が大きな要因だと思ってるので・・・
つまりエンジンを積み替えてミッションを変えてしまってもこのバイクの良さは失われないんじゃないかって。
XL125SやらXR200Rのエンジン手に入れて積み替え。もむしろこのバイクの強みを伸ばす意味でええな。と。
あとやっぱりキャリアは要る!
  • Share

0 Comments

Leave a comment