MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in 日々の何か

フォーク交換とエクストリームアイキャッチ

-0 COMMENT
問題だらけのフォーク交換。
下準備しておいたモノと入れ替えで。
2goukifo-ku20170610_184929.jpg
どのみちハンドルストッパー追加でもう一度はばらさないといけないので適当にばらして適当に組んでいく。


2goukifo-ku20170610_184933.jpg
今回の交換で本来適合しないものを無理くり付けた代償の一部、
サスアームのがたつきによるタイヤのぐらつき。が消えてくれるはず。


2goukifo-ku20170610_205524.jpg
自作配線がややこしくて時間かかったけど、ちゃちゃっと組付け。
多分フェンダーの取り付けに使う穴を間違えて角度がおかしいけどまぁ後日。


サスアーム、サス本体が12vキャブ車用の物が使えるように加工してあるのでかなりガチっと、しっかりした印象(°∀°)
ちょっとだけまともな状態に近づいた。


が、しかし
2goukifo-ku20170610_215006.jpg
以前のフォークからすると若干フォーク間の幅が狭い?ちょっと片方に寄りすぎてる?
サスを動かすとタイヤの左側とサス固定ボルトが思いっきり干渉する(笑)
以前よりガタツキがない分、強烈に干渉して、走行中タイヤカスが飛散してるのが分かるorz

とりあえずフォーク交換によって
コーナーリング中フロントタイヤが3Dに暴れる現象
は消えてくれたので良しとしよう。













2.75のタイヤサイズでこの程度の干渉なら2.50の純正タイヤ履けば当たらんでしょー。
ってことで交換した2.50のフロントタイヤが・・・・・
2goukifo-ku20170611_151814.jpg
バースト('A`)

1号機用に新品ストックしてあったタイヤだったけどお釈迦に・・・・・








2goukifo-ku20170611_151821.jpg
原因はこれ。
タイヤはめるときに横着して、バチン、と音がしたところ。やはりワイヤーが切れてて・・・・
空気入れるときにビードが上がらなかったカ所からバーストorz


2goukifo-ku20170611_152157.jpg
カッパさんと行動していて、ガソリンスタンドの空気入れでバーストさせたのでそれはもう注目されましたがな。
ビードをいったん上げるために7キロくらい入れたところで、
バァァァァァァアアアアアン!と。
客も店員も全員こちらを見ていたのが分かったので恥ずかしかったー('A`)

そこから家まで手押しで帰るときに、カッパさんのにこやかな笑顔といいぞぉ~♪をいただきまして・・・・・・



このやろうぉ! 
でございました。
おわり。
  • Share

0 Comments

Leave a comment