MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in TL125 イーハトーブ

イーハトーブレストアの後記的なもの。

-0 COMMENT
今、放置されたイーハ再整備+部品のクオリティアップをやってる最中でふと思った。

今回じゃなくて、初回のレストア時から乗って放置して、車両のインプレ的なものは書いたことがあるけど、レストア自体はどうだったのか?後記?的なものは書いたことなかったなぁ。と。
なのでレストアした箇所とか、当時の判断がこうなった。的なものを書いてみる。


まず良かったとこ。やっといて正解だったとこ。
ある程度正しく組めていた。
レストア時から乗って、立ち往生するようなトラブルがなかった。放置状態から復帰させる段階でも目立った故障とか損傷ナシ。
めぼしいネット情報もなくど素人の自分の判断で組んだ割合が大きかったからこそ嬉しい。

FxCam_1321431997819.jpg
スパークアレスターの切除。
朝一エンジン掛けるときの白煙が明らかに減った。(出るには出る)つまり、マフラー内部にたまる水の量が減ったってことだと思う。
明らかに中間トルクも上がったし、いいことづくめだった。
ただ切除しただけだと、排気音が音量はともかく音質が素晴らしく下品になるのでバッフル等である程度の”音質調整”はした方がいいと思う。

FxCam_1314393924793.jpg
カブパーツ流用。
意外とカブパーツが使える。フォークステムのベアリングとかは替えたほうが幸せになれる。んで、特にブレーキ。カブ用の社外シューに変えるだけで大分効きがマシになるし、リアのブレーキアームもTL用の長いものを使うよりカブ用の短いものに変えて、ストローク量を稼いだ方が踏みにくいブレーキペダルを踏みこむ量が減って操作しやすくなるのでお勧め。

FxCam_1315472759694.jpg
FxCam_1315472746668.jpg
バフ掛け。
くすんだり、アルミの錆が出たりはするんだけど、程度が違う。バフ掛けしてないカ所との比較で腐食がかなりマシ。
単純に綺麗になってテンション上がるしおすすめ

20170130_053220_R.jpg
フォークブーツの追加。
これはまじで・・・・・やっておいてよかったと思う。
結構長期間放置してしまったし、のってた時期も”カブ1号機に乗らない条件”・・・荒天時での使用が多かったのでいたるところが錆びた。フォークもライト周りのとことか錆が進行してしまってたけど、フォークブーツに覆われてるところは無傷で済んでた。
素晴らしい(*´Д`)
昔のメッキだから錆びても結構な確率で復活するにはするんやけど
これからレストアをする人で、このページを見る人が居るとするなら、ブーツを装着するか、シリコンスプレーで手入れしておくことを強く勧めておきたい。



良くなかったとこ。やっておけばよかったこと。
FxCam_1308165090898.jpg
タンクのさび抜き。
失敗してたぁぁ('A`)さび抜き自体はレストア時にした。でも、ガッツリ錆が進行しててまたタンク内でシャリシャリ、キャブにサラサラの錆が流れ込んでる。
さび抜き液の説明ではさび抜き後のコーティングもします!みたいに書いてあったけど信用せずに何らかのコーティングをするべきだったorz
手間のかかる作業なのでもうやりたくないづらぁぁぁ!

海外ゴム製品の使用。
やっぱり中華はあかん。特にゴム系部品は国産。中華でもブランドの検査が入ってるやつじゃないとえらい目にあう。
タンクまわりとかにそういう部品を使ったことがあって、しばらく乗ってるうちにダメになってガソリン漏れまくったorz

FxCam_1319370842022.jpg
タンクの塗装
上のガソリン漏れで発覚したタンク塗装の失敗。
もちろんウレタンクリアを吹いてコーティングしてあるんだけけど、タンクキャップ周りの塗装の仕方がまずくて浸食されてしまった。
キャップで削られた塗膜からラッカースプレーで塗ったカラー部分にガソリンが浸透してしまって内側から気泡でえぐられるように塗装面が荒れてしまったorz
当時知識があれば・・・・・ちゃんとマスキングの仕方変えて塗ってれば・・・・
ってかガソリン漏れするような部品使ってなかったら大丈夫だったんだけどね。

FxCam_1317616684566.jpg
FxCam_1317836125644.jpg
プラリペア補修
うちのイーハのプラパーツはそれはもうひどい状態だったので・・・
フェンダーとかカバーの補修にプラリペアを使ったんだけど、母材との相性の問題か、補強が足りないのか、両方なのか。で強度的に弱い。
穴を埋める。程度なら全く問題ないけど、厚めに盛ってもプラリペアだけでは弱いから裏からグラスマット貼って強化する。とかしておけばよかった。
レストア後にサイドカバーは小マシなものに交換。フェンダー類は割れたまま使用orz

20170125_050355_R.jpg
12v化しなかったこと。
6V電装を・・いや、イーハの電装を甘く見ていた。 これで実際トラブルになったことはないんだけど、リスキーで精神的にきつい。
レストア直後は作ったうれしさとか目新しさで乗るんだけど、慣れてきて実用車になってくると乗ろう!って気を激しく削ぐ。
当時やらなかったのは6v電装で部品がそろってたし、知識がなかったから。だけど、調べてでも時間かけてでもやるべきだった。
全波整流だからか、カブよりヘッドライトは明るいし性能?そのものに不満もないんだけど、安定性がなさすぎるorz
バッテリーとか12vのカブと同じ感覚で使ってると速攻でダメになる。数日放置しても弱るし、使っててもギュンギュン液が減っていく。
バッテリーが新品状態でも信号でウィンカーとか出すとギリギリ感が半端なくてスゲー気になる。(吹かすと元気に点滅する)
特に最近大阪市内とかで球切れの検挙でポイントを稼ぐ警官が出没するので、AC電源につながってる球(ヘッド、テール、メーター球)どこか一つ飛ぶと全部切れる設計のイーハに乗ってて、電気系は一番不安になる要素。
整備中にどこかの線を外した状態なのを忘れて、エンジン掛けて球を吹っ飛ばす事故をやらかしてしまうのも地味にうざい。
基本、そういう取り締まりの不安がない環境の人は別に。って感じだけど、不安になる環境の人は12v化は検討すべきだと思う。
最低限、ACレギュだけでも配線加工して入れておくべきだった。



と、こんな感じかなぁ。
おわり。
  • Share

0 Comments

Leave a comment