MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in カブ

JUN製80cc ニカジルシリンダー インストール。

-0 COMMENT


20130424_162319_R.jpg
購入時からJUN製80ccが組まれていたカブ2号機ALMA。
一応このJUN製80ccのシリンダースリーブにはターカロイ。という特殊な素材が使われていて、標準で既に耐久性が高い。
前オーナーの元で愛のない運用をされても今まで続投できていた。というか昔からJUN製80はクランクが壊れてもシリンダー無傷。なんて結構あったっぽい。

因みに105ccの方はターカロイではない。80のみ。
20151218_171631_R.jpg
この80シリンダーを交換。
ターカロイのシリンダーでも強力だったのがニカジルメッキに。

・ニカジルメッキシリンダー
アルミにニッケルシリコンカーバイトでメッキしたシリンダーらしい。
BMWとかポルシェにも使われていたりするメッキで高級な処理。
軽量で表面硬度が非常に高く、耐摩耗性、熱に強い特性を持つそうな。
傷が付きにくく熱ダレしない。熱くなればなるほど違いが出るシリンダー。
とにかく強靭で一生ものに近い性能。ということらしい。
ええがな~!

このメッキシリンダーは国内で処理されたニカジルメッキで中華の禿げるニカジルメッキとは物が違うらしい。
やっぱり国産やでぇ(*´Д`)


付けてエンジンをかけてみるとキックの感触が微妙に違う。
上死点付近は圧縮があるのでいつもより重いけど、他の部分が軽くて、スコスコ。
走り出すと、なんか軽い!
体感でフィーリング的な何かが変化してるんだけど最高速度とか数字に変化は出てない。
語彙力がプアで表現しにくいんだけど、回したときに滑らかで気持ちがいい。

振動が少ない感じで前より滑るように加速するし、巡航時に使う7~9000回転の雰囲気とかがいい!
最高回転数が上がってるわけではないと思うんだけど、いつもの頭打ち感がない。
フィーリングが滑らかになったことで巡航状態の”頑張ってます感”が薄れた。

セッティング上、80~100キロあたりを目標にギア設定してあるので高速巡航をすると、ビィィィィィィィンとぶん回して乗る感じになるところが、高回転回したときの振動がなめらかでそこまで回して乗ってる感じがしなくてええがな~~~!

冬だし熱ダレするほどエンジンが熱を持たないから放熱性の高さとか熱くなればなるほど違いが・・・・というのは分からないけど良い感じだぁ


20151201_202135_R.jpg
強靭で減らないシリンダー。
という文句がたまらない(゚∀゚)
クオリティアップ系のいいものを永く、なスタンスでイケるいい部品だッ

ALMAのクランクには耐久性を重視してC70クランクを使ってるので、パワーが出る仕様にしても50系チューニングエンジンでよくあるクランク大端破損の心配がほぼない・・・・はず。
このシリンダーと組み合わせでさらに壊れる要素がなくなった!素晴らしい!
一生ものになりつつあるかも。
後は精度ガタガタの4速からモトジさんから譲ってもらった純正4速に変えれば完璧。
車体はフロント周りを何とかできれば完璧。
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。