MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in カブ

全開

-0 COMMENT
メモ
1号機(CUBRIEL)
JUN105ccノーマルヘッド用シリンダピストン
JUN旧ビッグフィンヘッドポート加工バルブガイドレス
4速クロスミッション
JUNPE22キャブ+JUNインナーメガホンマフラー
点火系90用ノーマル


最高速ベタ伏せで115キロ。最高回転数11000付近。

中高速のセットは完璧。
全開使って一度速度をのせてしまえばパーシャルで三桁巡航可能。
低速域は外気の影響デカ目でややデリケート。
9000回転から上の回転域は不得意。振動がやばい。持続させると多分壊れるレベル。
加速は90くらいまで大体等速で、あとはじんわり。レブ特性的にこれ以上は高速用に吸排気替えないと無理。
振動強すぎてウィンカー球飛んだorz。
全開走行が長くなると油温が100度超える。停車後発進するとパーコレーション起こす。

ビッグバルブ105cc+PE24のハイギア高速仕様、格上のカブ相手だと大体トップで10キロくらい差があってあっという間において行かれるけど
坂道が絡んだり回転の落ちたところからの再加速だとアドバンテージがある。
バルブが小さい低中速型の組み合わせだと上出来以上の仕上がりだと思う。
  • Share

0 Comments

Leave a comment