MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in カブ

メーターフェチ 実践編

-2 COMMENT
20150205_214146_R.jpg
デザインがダメ。
加えて機能もダメ。
値段以外でいいところ・・・・・・・・・・ないな(´・ω・`)

メーカーもんのちゃんとしたの買えよ。って。
売り場で見てもこの額でこのデザインかぁ。って感想しか出なくて、それなら自分で作ったほうが手っ取り早いよな。と。
詳しい流れは前回の妄想編

というわけで以前からやってみたかった メーター文字盤の自作 をやってみた。
こういうのはアルマの分野。ということにしている。



メーターを作り替える流れ
1 メーター分解
2 文字盤をPCに取り込む
3 文字盤のデザインをソフトで編集
4 ラベルに印刷
5 補強と合わせて穴あけ
6 組み込み
7 完成。

先に注意点。
この作業をすると100%加工痕がメーターに残る。
あとはカシメの外し方が悪いと失敗する。
ビルドイン型とか加工部分が見えない工夫が必要。





20150205_214208_R.jpg
まず分解。非分解式なので無理やりばらす。
そこで活躍するのがこれ。

マイナスドライバーを一本つぶして作る特殊工具。
作り方は
バーナーで赤くなるまで焼く
→スパナで挟んで任意の形に曲げる
→先端がテーパー形状でピンピンになるまで削る
→もう一度赤くなるまで焼いて冷水に付けて焼き入れ。
→完成。
理想は先端をラウンドにして耳かきみたいな形状がやりやすいかと。細めのやつでやったほうが使いよい。

普通のマイナスドライバーでも開けれるんだけど、結構力が要るし、すっぽ抜けて机とかにカーンッってやっちゃうので作ったほうが安心。
純正系は総じて硬くてステンリングのやつはとびぬけて硬い。


20150205_214337_R.jpg
こんな感じでテコでこじったり、テーパー部分を利用してぐりぐりしてカシメを外す。
一応傷防止でビニテを貼っておくと吉



20150205_220438_R.jpg
この中華のタコ、カシメがアマイィィィィ( ゚Д゚)
リングもやたら柔らかくて、本来めっちゃ時間かかって萎える作業なのに5分ほどで外れた・・・・・
柔すぎてメッキが簡単にはがれていく・・・
しかも、防水用のゴムのシールが入ってない・・・
なぜか文字盤の固定用のビスは木NEJIだった。
香ばしすぎてよだれが出そう(゚∀゚)

あとは針を垂直に抜いてネジを外していくだけで分解完了。


20150205_224241_R.jpg
スキャナーで読み取り。 最高品質で読み込むべし。

画像は読み込んだ後、編集ソフトで白黒反転させたところ。
黒くするだけで満足しちゃってたんだけど、今回は実験も兼ねてるのでもっと原型崩してこ。

20150128_195223a_R.jpg
デザインは妄想編で公開したコレをベースに。


2眼メーターはデザインそのものよりツガイの統一感が大事。車体の雰囲気に合う説得力が何か欲しい。英国デザインのスミスメーターへの憧れ。
まとめると
・C100メーターを連想するデザイン
・HMのロゴ
・CB72のインデックス、数字の配置
・スミスのレイアウト、フォント
こんな感じ。
結局のところ好きな雰囲気になるまで好きなように編集するだけ。自分の好きな雰囲気は大体いつも同じで、矛盾はしないので、どれだけキュンキュンポイント(謎)を盛り込めるか。が勝負。
img_0.jpg
111856130_624.jpg
09142245_523468628f42b.jpg
smile.jpg





20150206_015516_R.jpg
ロゴ入れたり、インデックス変えたり、表示面積を小さくしてみたり。
この辺はどちらかというと得意分野なのでサクサク。

あーでもない、こーでもないと思考するのが楽しい。



20150206_032927_R.jpg
あれこれやってこんなデザインになった。
別にコピー元のモデルがあるわけではないけどHMのロゴとか入れちゃって、まがい物には違いないので”メーカー名”を入れるつもりだった部分は”muda planet”としておいた。ジョークアイテムゆえ(゚∀゚)オマージュ!(゚∀゚)
一度普通紙に印刷して、あら捜し。ドット落ちしてるところとか色味の確認、バランスの確認をして、修正と印刷を繰り返す。



20150206_032848_R.jpg
20150206_033423_R.jpg
サイズの確認とかもやっておく。 リングとかあてがうと一気に完成形が見えてきて、もう出来たな。とか思う。
使おうと思って用意しておいたレトロ系の針がことごとく使えなかった。 ピンの径が合わずに固定できなかった。



20150206_034142_R.jpg
ボデー。
メッキの質が悪すぎる。つかちゃんとメッキかかってない(笑)
ネットで検索してもよくさびる品らしいので、黒スプレーをたっぷり吹いた後、メッキシール?を張り付けて鏡面仕上げにしておいた。
スチールボディだからメーターユニットの磁石とくっついてかなり作業性が悪い。



20150206_040824_R.jpg
最終決定したデザインをラベルシートに印刷してシール化。
もちろん最高品質設定で印刷するべし。
それをPET樹脂のシートに張り付け。

因みにこの手のシートはアクリル、ポリカ、PP、PETが一般的に?よく見かける。
アクリルは汎用プラ、非晶性、脆い。ポリカはエンプラ、非晶性、高強度、PPは汎用プラ、半結晶性、ヒンジ特性
PETはエンプラ、結晶性。グレードにもよるけどこの中では必要な物性が一番高いと思われ。
特に結晶性なので耐薬品性が高いのと耐候性的にこれが良いかなーと。 非晶性は結晶構造がなく引けソリ少な目で寸法精度がいいけど、薬品に侵されやすい。



20150204_012051_R.jpg
出来上がったものを穴位置を合わせてボール盤でぐりぐり。
すごく便利これ。音も小さいし。
道具が揃うと作れる幅もクオリティも変わってくる。やる気も全然変わる。いや、まじで!


あとは組み込むべし。



















20150206_075120_R.jpg
完成品どーん。
作業前と比べるとガラッと見た目が変わった。
一応、当時物なので白も真っ白じゃなくてアイボリー系統の色を混ぜて、経年劣化を再現。


しかし


メーター針気に入らん!('A`)
ダメだこれは。フィニッシュがダメでダサくなる典型だ。
カブの外装カスタムはちゃんとやらねーと、途端に貧乏臭くなるから難しい。
せっかくやったのにこれではイカーン(´゚д゚`)もうタコとして動かなくてもいいから。メーター針変える!
















5645869584564645614654.jpg
というわけでメーター針を交換。
ピンの径が違ってガバガバなので接着剤を盛って何とか固定できてる感じ。

バランサーがくっそ重たい針だから機能が死ぬかもしれないし、走行中とかの振動で外れて針が取れたりするかもしれないけど、それはまたその時にやることにしてデザイン優先にした。
やっぱりこっちの針の方がどう見てもかっこいい。








20150208_013549_R.jpg
20150207_145320_R.jpg
で、車体にドッキンッ!
このタコメーターが漏電してて、発見できるまでヒューズ6発飛ばしてしまったのは内緒(;´・ω・)
これは・・・・・なかなかいーんじゃないでしょーか(゚∀゚)
自作の外装部品としては良いセンいってるんじゃない?・・・かな。



20150205_214146_R.jpg
20150206_234020_R.jpg
ビフォーアフター。
比べるとだいぶ変わったなぁ。
制作中の迷いとかがあって、実際いいものになったか判断できない。僕ごときが作ったものだし。という感覚。
あとから思うと、ここはこうした方が良かったような。とか。

とはいっても大体思い通りに出来てるし満足!(゚∀゚)
狙ったものが形になるのはうれしい。
感覚は掴んだのでいずれちゃんとしたタコメーターベースで同じものを作るつもり。
手間がかかってかなりめんどくさい作業なので、何かカブ気が跳ね上がったタイミングで。
この中華1500円のもとはとった!



きっちり機能もデザインもイケルタコメーターを作には、
・メーカー物のタコメーターをベースにすること。
・ステンレスボディの物が良い。
・メーターの針のデザインを基準にベースを選択すること。
・やる前から大まかなデザインを決めておく。

かなと。
針の互換性が分かってれば別だけど、でクラシック系にいじる場合、デイトナのビンテージシリーズかポッシュのメーターしかなくなる。




追記
バックライトの光の強さにムラがあるので印刷した文字盤は1枚ではなく、2重、3重に貼るべきだったー!('A`)
1枚貼りだと光らなくていいところまで透過して光っちゃう!
あと、やっぱり針の固定が甘くて微妙にずれてきてる(;´・ω・)







おまけ。
ばらしてて、いろんなメーターと見比べてるうちに、仮説がたった。
メーターのサイズが変わろうがメーカーが同じなら、中に入ってるユニットそのものは、規格物、あるいはほとんど同じなんじゃね? と。

文字盤を止める穴のピッチがほとんど同じに見える。サイズが同じ・・・?
つまり、ユニットごと違うメーターに移植出来るのでは?と。

文字盤なんかは今回の方法を使えばなんとでもなるので、
このメーター良いけどサイズがなぁ・・・・とか
このメーターデザイン良いんだけどやたら針が振れる OR 遅いとか
って場合でも、なんとかなるかもしれない。


少なくとも、明らかに違うものもあるし、同じようなユニットでもメーター針を動かしてるシャフトの先端の太さは違ったりしてるので、全く同じものではないんだろうけども。
仮説通りなら、任意のケースサイズで好みのデザインで好みの動きをする電気式タコメーター。
なんてものも可能かもしれない。




終わり。
  • Share

- 2 Comments

きゃん  

無類のメーター好きとして、
このカスタムは読んでてテンション上がった!
めちゃめちゃかっこえーなー!
羨ましい!!
おれもタコメーター壊れたから買い直さんと〜。

2015/02/11 (Wed) 10:04 | EDIT | REPLY |   

ももす  

No title

きゃんさん
きゃんさんもメーターフェチですか(゚∀゚)
いっときましょ!自作文字盤。コレ、ステッカー自作してる組なら誰でも出来ると思います。是非。
ちゃんとしたタコメーターでやったほうがいいっすねー。
中華をばらしてみると、その壊れたタコメーターでもボディとか使えそうなので欲しいくらいですw

2015/02/12 (Thu) 07:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。