MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in 日々の何か

ALMA JUN80cc真価解放

-0 COMMENT
20140603_220053.jpg
ALMA
ブログでもちらほら書いてるけど組んだ時から。いや、ベースを購入した時から不調で・・
荷物が載って便利なので何度か釣行に乗ったりしたけど信号待ちでエンストするわ、遅すぎて軽自動車に幅寄せされるわ。で嫌気が指していた。

一応キャブ調とかその程度のことはやっていて、一番パワーが出るけどアイドリングしなくなるセッティング。か、アイドリング出来るけど激烈に遅いセッティング。までしか出せなかった。
メインジェットを10番以上上げ下げしてもほとんど変化しないし反応が緩慢すぎる。
車重の軽さと4速の恩恵でなんとか平地全開70、くだりで80出るけど、加速も下手したら50cc相手でも勝てないんじゃない?レベルで遅い。
全く吹け上がらない。

あれ?これはおかしい。
そもそも僕が知ってるJUN製80ccはノーマルヘッド仕様でもこんなに遅くないぞ・・・・?
オカシイと薄々思いながらも放置、実は重度な故障であることに全く気付いていなかった。
20150123_210118_R.jpg
思ったより遅かった原因が、キットのハイカムではなくて純正カムが入っていた。←確認したことなかった。
そら走らんわー('A`)


不調だった原因はこれまたカム周り。
20150123_210307_R.jpg
20150123_210254_R.jpg
20150123_210144_R.jpg
20150123_210216_R.jpg

カムとロッカーアームが異常に摩耗。
カムは削れ過ぎてプロフィール変わっちゃってるし、ロッカーアームもカエリが出るほど削れて形がおかしな感じになってる。ディーゼル的な音も出てたし、本来開くはずのバルブもちょっとしか開いてなかったっぽい。
キャブ弄っても全然調子でないのに納得したし、むしろこれでよく走ってた。
出先でどうにもならない事態になる前に判明してよかった(゚∀゚)


僕自身、極端な性格なので大事な1号機は汚れるだけで嫌なくらい神経質だけど、2号機はこんな状態でもまぁいいや。でぶん回して乗っちゃってたのも故障への道を加速させたっぽい。

50ベースでクランクより先に他が壊れるパターンは初めて見たかもしれない。






修理
ダメージはロッカーアームとノーマルカムのみ。
同じ仕様で組んでも嫌気が指すほど遅いし、手持ちにもないノーマル部品用意するくらいなら・・・・
カブ90ヘッドにハイカムを入れてビッグバルブ化!
ダダすべりクラッチも、のびのびカムチェーン、怪しいオイルポンプも、寄せ集めでまともに走るように。

結果的にスペックは
・JUN製80ccボアアップ
・JUN製80~97用ハイカム
・カブ90純正ヘッド
・強化カムチェーン
・JUN製強化クラッチ
・カブ90用純正オイルポンプ
・ヤフオク中華4速ミッション
・JUN製PC20キャブ
・カブ70用純正?クランク
・セル付リトル用純正プライマリードリブン7mmタイプ
・65モナカ
・パワーフィルター
・F16-R38


こんな感じに。
これが・・・・・いい!
80ccとは思えん! こんなに化けるのか!と。
出力が以前とは絶対違う。十分ツーリングに使えるパワーキタ(゚∀゚)

登坂は排気量なりの。だけど平地スロットル半開で70を超えてまだ加速するし
80キロくらいは出る。全開で走ってないから最高速は不明。感覚的に90キロちょい、ファイナル変更で3ケタ近く行くかも。

立ち上がりが早くて乗りやすいし過去に乗ってた武川S-stage88cc、JUN製85ccチューンより速いかもしれん。
もっさり感が全然なくてヒュンヒュン上まで回っていく感じがスポーツバイク的な気配。

流石に1号機の105ccチューンに比べると加速も最高速も劣るんだけど、105に慣れた感覚でも満足できるレベルで走るし、重い車体をトルクでゴリゴリ前に押し出す1号機とは違って、何もかも軽く回して走るフィーリングの良さが独特で、棲み分けが出来る感じ。


乗ると嫌気のさすカブから、気持ちが明るくなるカブ。になってくれてほんと嬉しい(゚∀゚)
まさか鈍足2号機のエンジンがこんなに化けるとは。
いつだったか吸気がうるさすぎて耳が痛い。とも書きましたが、不思議と不快な音が出なくなりました。

高域のパワー的に不利な吸気廻りをパワフィル仕様から純正エアクリボックス流用型に変えて、ちゃんと限界まで引き出してやりたくなってきた。
意気消沈してつけてなかったタコメーターも機能的に必要なチューンドエンジンになってきたなぁ。

おわり。
  • Share

0 Comments

Leave a comment