長野 キャンプツーリング

2013 7/13~7/15


カフェカブ京都の会場で2m級巨人のトンコツ君が鼻息荒く話していたこと。
3連休あるんです。長野行きたい!


ほう、いいやん!行こう!

というわけで行ってきた。今回イベント告知してみよかな。とか思ってたけど、発信して集まらない寂しさと、同日に犬小屋さんイベントがブッキングしていたこともあって小心者なワタクシ、止めました。




fc2_2013-07-24_19-57-57-480.jpg
はい。いきなり長野です。
雨のため、写真を撮る気が失せてここまでの記録がありません。

ちなみに日程はマメなトンコツ君の手帳より。
fc2_2013-07-24_19-57-48-560.jpg
こういった感じとなっております。
二日連続長野でのキャンプ。そして帰りは金沢方面を経由して帰ろう。というプラン。



キャンプ場、というか付近ですらバイクで乗り入れできないキャンプ場に行こうとしてたのと
極度の雨嫌いなワタクシですゆえ、雨予報で止める気満々だったけど、トンコツ君の行きましょう!の即答に思わず釣られて参加してしまったw

濡れる+バイクで侵入できないキャンプ場+ガソリン消費の問題

等々で今回はカブではなくクラブマンでの参戦。
何気にGBで遠乗りするのは初めてだったりするのでリアタイヤをTT100の新品入れたりブレーキパッド注文したりオイル交換したり、最低限の整備をしておいた。 が、 5型V型のブレーキパッドを注文したはずなのに違うものが届いてブレーキは間に合わなんだ・・・・

リアタイヤの交換は効果抜群で、前後同じタイヤになったためかめっちゃ乗りやすくなった。つってもクセ自体は変わらないんだけど。




fc2_2013-07-24_19-58-07-021.jpg
朝9時くらいにR307とR24の交差点に集合予定だったけど、僕は遅れてしまったので、中型のスペックフル活用で彦根くらいで追いつき合流→そのまま岐阜を経由して飛騨白川に到着。

三人マスツー的なプランであったが、はぐれたり、遅れたりで全員バラバラで目的地を目指すキャノンボール的な要素が一部あったw
トンコツ君が両手を顔に当て”ユミルたま~”とつぶやいていた。



初日はもう少し先まで行く予定だったけど雨脚がかなり激しいので道の駅で休憩。 既にキャンプをする気はサラサラないのでここで寝ることに決めた。

そして隣接の温泉で携帯のモバイルブースターをパクられる。今回いろいろ運がないw
萎え萎えなので明日も雨がやみそうになければ単独行動で適当にメシ食って帰ろう。そう決めた。

fc2_2013-07-24_19-58-15-986.jpg
ちなみに道の駅飛騨白川には足湯があったりする。





この日は道の駅飛騨白川の屋根の下で寝る。
蒸し暑さもないし、ちょうど良い気温で快眠となる。






fc2_2013-07-24_19-58-25-102.jpg
次の日、小雨の中白川郷へたどり着く。
急に雨脚が強くなったりするので観光もせず、公民館的なところでしばらく雨宿り。
予報ではここからさらに雨脚が強くなるみたいなのでさっさと退散することにした。

コレの撮影を一番の楽しみにしていたトンコツ君の元気がみるみる無くなる。







fc2_2013-07-24_19-58-35-704.jpg
白川郷から飛騨高山へ抜けることにした。
道中、雲海が綺麗だったので止まってパシャリ。徐々に雨脚が弱まってきている気がする。
トンコツ君のカブのガソリンが無くなってきてリザーブに入る。




fc2_2013-07-24_19-58-45-192.jpg
そして完全に止まるw
カブ(特に90系エンジンのカブ)は100キロ走ったら給油しないと危ない。

ツーリング中、持ち主もびっくりの、リッター40オーバーの高燃費をたたき出したGB、の中には10リッター以上ガソリンが残ってるのでおすそ分けして事なきを得る。



fc2_2013-07-24_19-58-56-256.jpg
さらに走って飛騨高山の”古い町並み”というところに来た。

moblog_3971d028.jpg
飛騨牛のランチをいただく。コレの前に食べた牛串はガチガチのベーコンみたいで特に何も思わなかったけど、コレうまい。

予報とはうって変わって雨が上がり、日差しがで出した。キタコレ(゜∀゜)
もう諦めて帰ろう。って気分から上高地ちょっと覗いて帰ろう。に切り替わる。



とりあえず上高地行くことにした。
トンコツ君は萎え切ってしまって?白川郷が心残りで?引き返して、そのまま帰ることに。
トンコツ君は気を使って言いにくそうにしてたけど、個人的には団体行動的なモノよりも、ソロ+人数。みたいなスタンドプレーから生じるチームワーク。的なツーリングが好きなので全然アリ。したいように楽しめばいいさ。
おつかれー。道中気をつけて。






P氏と二人で上高地を目指す。
ペースはかなり速め。道、景色、気候、良すぎてやばい。走るだけでも楽しい!
GB整備してきてよかったー!バキュームピストンは張り付いて上が全然吹けないのが辛いけど、寝かしこめるようになってすごく快適!

fc2_2013-07-18_20-39-47-180.jpg
上高地は一般車両での侵入が規制されてるらしく、バスを使っての入場。 まさに壁外調査。

せせこらとキャンプ道具を準備。
僕もキャンプする気なかったけど、なんか雨大丈夫っぽい気配がするので持っていくことにした。


fc2_2013-07-18_20-40-05-368.jpg
野沢菜のおやきうまし。
子供のころから長野とは何食べてもおいしい地域だと思っている。



fc2_2013-07-24_20-00-32-795.jpg

バスで上高地着。
あれ、なんか思ってたのと違う。キャンプ場にバスでいく。モノだと思ってたけど、そうじゃないらしい。あ・・・れ?


バスで発着所まで行ってキャンプ場まで歩くらしい。
なるほど、そうか。と思って・・・・・表示をみると





キャンプ場まで7キロ!?(;゜Д゜)
マジで!?w





プランを練る段階で、バイクをおいてキャンプ場までバスでいく。と聞いて。
それなら僕はキャンプ行かずにその日は単独行動する。ってかたくなに拒否していたんだけど、トンコツ君の熱意と、ちょっと歩くだけだから。”ちょっと”という甘い言葉に騙されてホイホイついてきてしまった。が、



”ちょっと”ちゃいますやん!!(笑)


つか言いだしっぺ、帰っておらんしww
fc2_2013-07-18_20-39-55-901.jpg
歩く、走る。といった行為が嫌いで部活の基礎連をちょいちょいサボっていたワタクシ。
手ぶらで歩く7キロでもややしんどい。

コレ抱えて(背負えないので)7キロ!?
僕のキャンプ装備は基本的にカーキャン系の装備なので山岳装備みたいに軽くない。ステンレス多用で重い。

一応やってみよう。と歩く。
300mくらい歩いたところで無理を感じたので、山小屋とかどっかに預けてキャンプナシで目的地まで歩くか、ぴのんさんに先行ってもらってコレは諦めて帰ろう。と考え始めたところで、手前のキャンプ場で勘弁してくれることになった。

たすかった・・・・w









fc2_2013-07-24_19-59-16-952.jpg
予報上は土砂降りの雨だけど、湿気の感じとか空の動き的にコレ行けんじゃね?(゜∀゜)
ってことでキャンプすることにした。

moblog_9ee9706f.jpg
手前のシャングリラがぴのんさんの。
奥のテントは、テント界のJ-POPことツーリングテントST。 これは僕の。



fc2_2013-07-18_20-41-00-296.jpg
つかこのキャンプ場。上高地!
ロケーションがやばい。植物なんかも違うし、日本とは思えん。
こんなキャンプ場憧れていたけど、まさか実現するとは。しかも安い。

fc2_2013-07-24_19-59-25-309.jpg
川の水なんかも魚住めるのかってくらい透明できれい。

あまりの景色の綺麗さに、ぴのんさんも火のついた蚊取り線香を握りしめて”あちゃー”と叫び喜んでいた。

写真じゃ伝わらない迫力を感じた。CGみたいだ。って思ったほどに綺麗。
読書感想文とか道徳の授業で適当な模範解答探して写していた僕が感動してるなって実感するほどだった。

fc2_2013-07-24_20-00-15-546.jpg
サイトの森は立体機動出来る系。






fc2_2013-07-24_19-59-56-041.jpg
夜には明るいうちに拾っておいたサイトに落ちてる木とかをネイチャーストーブで燃やす。
燃焼が速く、忙しいので黙々と折っては燃やし、折っては燃やしを気がつけば2.3時間やっていた。
























fc2_2013-07-18_20-39-37-140.jpg
朝はのんびり過ごして、バスでふもとまで帰ってきて風呂入って、大体昼の1時過ぎくらい。
そろそろ帰ろうかってことでルート調べたり。



R41を南下して帰るルートで。
200キロくらい走った大垣市手前の岐阜県内、R21線上のすり抜けをしたのがきっかけで、ぴのんさんとはぐれてしまった。
しょっぱなにモバイルブースターをパクラレて携帯の電池がないので諦めるしかない。
ぴのんさんお疲れさまでした。お気をつけて。

岐阜県大垣市内、残り200キロ。
どうやって帰ろうか。
ケータイ電池切れで現在地の確認のしようもないし、太陽の位置を見ながらテキトーに走ることにした。

とりあえず鈴鹿の山を越えて滋賀を経由するより、山越え前に南下してしまった方が速い気がしたので、良く分からないルートを通って山沿いを南下できる道まで来た。
確かR365とR306を通ったはず。

南下しながら適当なところで西へ行こうと思って八風峠を越えようとするも眼前に迫るどす黒い雨雲を確認したのでさらに南下して、名阪国道を通って帰るルートに決定!
中型クラスならではの自動車道使用で約8時間程度で自宅着。

より大きな地図で 帰路 を表示
こんな感じかな。




雨でだめなんじゃね?って感じだったけど、案外楽しめた。雨もべたつく感じじゃないし。 やっぱ長野はいいな!来年もまた行きたい!バキュームピストンの張り付きてカブ並みのパワーしか出てなかったけど、今度は本調子のGBで!
fc2_2013-07-18_20-39-27-900.jpg

参加者各位、おつかれっした!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ももす

Author:ももす
( ゚ρ゚ ) ああ…あああ…ああ…


このページはCUB FELIMINONのブログです。
リトルカブ&GB250クラブマン関連ネタを中心にまとまらない感じでお送りします。

「MUDA PLANET」
「人生」から「無駄」を差し引いて「結果」だけ求めたら何が残ると思う!?「死」よ!!
”いぬまるだしっ”のすずめちゃんの発言より。

バナー




オトモ
buroguyou1.jpg
C50LM  LITTLE CUB
CUBRIEL
愛車。JUN105cc最高。カブラサイコー!


buroguyou3.jpg TL125SB IHATOVO
IVY
レストア車。純正ブレーキが全く効かないおちゃめさん。不思議な縁があるバイク。


buroguyou4.jpg AA01L LITTLE CUB
ALMA
コンセプト車。ゲッターちゃん。ヒュンヒュン回るJUN80cc。意外と出来る子
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
潮流予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる