MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in その他のアイテム

車載カメラ

-0 COMMENT
車載動画を撮ってみたくて考えてみた。




走ってる時の動画っていいよね。
動画を見てるとこんなとこ走ってみたい。とかここ、こんな感じだった。とか面白い。
んで、レポにも使えるかも知れないしライン取りの見直し・・、てか何より自分が楽しむために車載動画を撮ってみよう。


と考えて情報を仕入れてみた。



でも、カブのハンドルは一般的なテレスコピック車と違い、カウルが付いてる。

個人的にはこのハンドルのデザインはたまらなくかっこいい。と感じてるのでこのデザインを上回るアイディアが出ない限り変えるつもりはない。

っとなると、後付けでパーツ選ぶ時これが結構やっかいで、つけることができるパーツが少なくなってくる。



先日の撮影会に行った時にカブ丸君のカブに車載カメラのステー+雲台が載ってた。
n_kabumarusyasaikamera.jpg
↑撮影会の時の写真はステーが画面から切れてるため、カフェカブ時の。




うまい。




なかなかがっちり付いてて自然でいいと思ったけど、これはカブ丸君のだから。


同じつけ方しても面白みがないし第一、シンプルなカブリエルには似合わないと思う。


撮るときだけ付けていつもは外しておくなんてめんどくさいことやだし、撮りたいと思ったときにすぐとれなきゃ意味がないから別の方法を探してると、面白そうなものを見つけたので買ってみた。
それがこれ。
n_syasaikamera.jpg
何とも頼りないが、外観を変えたくない僕にはもってこいの吸盤式カメラスタンド。定価1600円也。


塗装面に張り付けるのは嫌だから取り付け位置はメーターのど真ん中。
つけるとメーターが見えなくなるけど、つけるのは撮るときだけ、もともと60キロまでしか見えないメーター、それに速度は感覚とエンジンの音でだいたいわかるから問題なし。

ただ、道路交通法上はどうなんだろ?



そして吸盤式にしたことで、ものすごく不安な取り付け強度。吸盤というだけで走行中に外れて、吹っ飛んでいくのが容易に想像できるw
おまけに安すぎる価格も不安を加速させる。

とりあえず、上の写真の一度水没したコンデジで風切音低減対策も兼ねてテストしてみよう。
発想的には面白いものだと思う。走りさえしなければ落下の不安も減るし、旅の三脚としても使えるわけやし。
  • Share

0 Comments

Leave a comment