MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in カブ

カブリエルアップデート・キャンプ用ボックス

-0 COMMENT
最近カブ気が高い理由の一つ。
見事なまでにカブというバイクの実用性をつぶしたカブリエルに積載性の拡張オプション入手。

ツーリングに出かけたくてたまらない。まじで。
特にキャンプがしたい。一泊で十分、ちょっとだけ、ちょっとだけだからっ!


歴代積載から考えてみた。




僕的にバイクに荷物を積む装備、というのは極力付けたくない派。カブ系ならMDなんかはついてる方が好き。結局自分が違和感感じなければおkだと思い始めた。

というかキャンプツーリングして箱が無い場合の不便さを味わって心折れた。

cub_custom_hip3.jpg
初代積載。懐かしきかな、しまなみ街道。
この時楽しすぎて、以後深みにはまった。

積載方法は、アウスタのコピーキャリアにお気に入りの緑のドライバッグ。入らないものは上に乗せてバッグごとネットで固定。
スタイリング的に、横に広がらず低く長いシルエット、バッグと車体の色合い、銀マットにより旅感が出ている、あたりの要素で今でも結構気に入ってたりする。


しかも、着脱が簡単なため、キャンプ地についてからの利便性が良かったし、軽くパッキング出来るので走行性能に影響が少なかった。


DVC00339.jpg
でも致命的な課題もあってこの後この積載は使っていない。

・キャリアの精度が悪過ぎて車体に傷がつく+水平が出ず不安定。
・当時のキャンプ装備では十分だったが、今の装備では全然積載容量が足りない。
・完全密閉式のパッキングのため、目的地に着くまで開封出来ない。
・道中のお土産積載システムに対応していない。
・安定性が無く、ばたつく、道中破損してえらい目に合った。そして迷惑かけた。
・キャンプ地で荷物を降ろした後、積載性が皆無に戻るので困る。

とまぁ、いろいろありまして。
積載変更。

















blog_tege9.jpg
2代目積載。
横からの写真が無かったので分かりにくいですが、前にドライバッグをネット固定、後ろに箱を装備。
アウスタのダブルシート用キャリアとカブラ用のキャリアを併用すると、とりあえず車体に荷物が当たることなく積載できる。
FxCam_1286143968237.jpg
スタイリング的に付けるならコレ。と決めていたボックスが当時廃番で買えず、オックンからもらいました。


良いとこ
・積載性十分。ネットの拡張性で、大体のキャンプ装備が載る。
・現地まで要らない荷物はバッグへ、道中増減する荷物は開閉出来る箱へ分けれる。
・低く、長いシルエットにすることが出来る。
・横もそこまで飛び出さず、高さが出ないので空気抵抗にならない。
・キャンプ地で必要な道具を着脱可能な積載にすることでに運びラクチン。
・ボックス装備で道中のお土産積載システムに対応。
・小さく見えるボックスの意外な積載容量。
・ボックスのデザインが外観を損ねない。
・現地で荷物を下ろしても後ろのボックスは残るので荷物も載る。
・ボックスに鍵付き

悪いところ
・アウスタキャリアの剛性が足りずショックで動く
・カブラキャリアににかけフックが無いのでネットの固定が一苦労
・背中にカバンが当たる。



容量的にも機能的にも大満足だったし、スタイリングもそこまで嫌いじゃない。我ながらよく考えた積載だったと思う。
でもカブラを付けたことで、使用不可になった。






















FxCam_1286665180365.jpg
3代目積載。
キャリアをカブラで使用できるようにともぷーさんにリビルドしてもらったりして、なんとか以前の積載システムを維持。良さはそのまま継承したけど我慢できない欠点が出てきた。

この時点でなぜかカブラキャリアとダブルシート用キャリアが併用できなくなったので、カバンを載せる部分に箱から伸ばした汎用ステーとタイラップを使用してるんだけど、汎用ステーの強度不足はもちろん、もともと剛性の足りなかったダブルシート用キャリアに全ての応力が掛かるようになったので、走行中の荷物の動きがやばい。
いつ折れてもおかしくない状態で恐ろしすぎた。






キャンプに行きたい気持ちはありつつも、カブリエルでキャンプに行きたい。って気持ちはコレで失せてしまった。

カブラ自体、使用できるキャリアがほぼなくなるので、スーパー純正のキャリアに載せれる箱を積む以外に選択肢が無い。
周りではアイリスオーヤマのRVボックスを使用した積載が一般的で、利便性で考えても一番合理的なんだけど、蓋が分離式で鍵が無いので避けたい。あと見た目。


だて君がつけてたバイク便のFRPボックスとかMDのフリーボックスとか、純正の樹脂製ビジネスボックスとかよ下げに見えてきた。
最悪、荷物の載るクラブマンを出せば済む話なので、先送りで考えてた案なんだけど
ちょうどP氏から譲ってもらったボックスが純正のビジネスボックスだったので俄然キャンプに行きたくなってきた次第。


fc2_2013-03-30_16-31-38-299.jpg
こんな箱。
コレの良いところは

・高さが出ない。
・幅が広くならない。
・カブラのボリューム、ラインと違和感が無い。
・めちゃ軽い
・塗装がのる。
・純正クオリティ
・容量58リッター
・かぎ付き。
・悪くないデザイン。

入らないモノもあるので、バイク便ボックスみたいな後付けフックを追加しないと荷物全部乗らない。
劣化が酷くヒトデマン的なダサいステッカー付きだったのでパテ盛りしたりして車体と同色に塗装。
ゆず肌、気泡、タレ、ハゲ、異物混入と失敗例のオンパレードだけど色味が合っててぱっと見綺麗ならそれでいいのだ!
元々軽いボックスも一層塗るのに二缶必要で、色のせると流石に重くなった。

あと、設計上使用できるはずのスーパーカブ用純正キャリアが、うちのカブラには何故か使えないのでこちらも切り飛ばし加工する予定。

キャリアとの固定方法をネジ固定にするか着脱式にするか悩みどころ。
20121001_170831321.jpg
載せるとこんな感じかな。



20121001_1708312.jpg
ついでに椅子とか収納しきれない大型のギアをこんな感じで側面に積載したい。旅感も出るし、箱を積む説得力?がでるw

20121001_1708312のコピー
さらに手持ちの部品で積載性を追加するとこんな感じ?
一昔前に流行った定番のセンターバッグなので既視感ハンパないけど、前後のバランス的に元の状態より良いかもしれない。ただハーフレッグの方は手持ち2つあるんだけどどっちもぼろいんだよなぁ・・・・
あとやっぱカブはヘッドライトの位置が高すぎるぜー(T_T)バランスよろしゅうない・・・




カブ気上昇中!

終わり。
  • Share

0 Comments

Leave a comment