MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in カブ

サス、ウィンカー交換

-0 COMMENT
チューニングが多かっただけに久しぶりのカスタムな気がする。




FxCam_1335007552780.jpg
とりあえずウィンカーから。
現状こんな感じ。
リトルのウィンカーベースに武川のブレイズウィンカーレンズ装着の状態。

妥協ラインだったから放置してたけど、ちょいちょい不満があったところで・・・

・カブラがスーパー用ウィンカー前提のところ、無理くりリトル用ウィンカーを装着しているため、しっかり止まっていない。
・武川のブレイズが精度不足、強度不足で振動で頻繁に割れる。リアだけで4回くらい新品に変えてる。しかも高い。更にガタガタ動いて純正のステー側まで割れた。
・ブレイズのサイバーな雰囲気がなんとなくカブリエルに合わない。

等々・・・・・
そんなときにP氏からクオリティのいいウィンカーを譲ってもらえたのでそれに交換。という流れ。



FxCam_1335008789572.jpg
カブラ乗りなら通じると思うけど、カブラを外すというのはほんとにめんどくさい。誰でも出来る作業だけど半端なくめんどくさい。やりたくないんだ。
バラさず交換することのみを頭においてやりだしたら、後先考えず純正の配線カットしてました。

カットした配線の取り回し変えようと、カブラの内側に手を回したら、カツカツすぎて手が入らないし、てか作業できない(゜∀゜;)
し か も フェンダー内側のステーの形状が予想と違って、配線を通すラインが無いことに気づいてしまった・・・・もちろんカットした後で。だ。


純正の配線をもとにもどそうにも、取り回しの余裕を考えて、配線を出来る限り長く取るために球ギリギリの位置でカットしたため、いまさらもとに戻すことは出来ない・・・




・・・・・詰んだ。





とまぁ、カブラをばらさざるをえない状態に追い込んだところで、しぶしぶカブラをばらします。
FxCam_1335010265612.jpg
てろーん。
超きたねぇ。

手は汚れるし、かつての艶は見る影もなく、避けよう避けようと努力して失敗した末のカブラ解体にゲンナリです。
バラしたは良いものの、やはり配線を通せそうなところが無い。
てかボルト外した瞬間浮き上がるガソリンタンク。大丈夫なのか?



FxCam_1335013801708.jpg
ぐぁぁぁぁぁぁ
ゲンナリどころか悲鳴モノの傷跡発見!
カブラがこすれて塗装が禿げとる!バフがけ並みの艶出とる!


仕方ないので気を取り直して・・・

とりあえず・・・・
・汚れたフェンダー、普段見えないところを拭くピカで綺麗に。
・塗装の禿げたところ、錆そうな部分にタッチアップ。
・カブラの状態チェック→補強入れただけあって割れ、ヒビなし。ただしマフラー側の蓋がやばい。
・ウィンカーの取り回しは強引だけどフレームとカブラで挟む形で通すことにする。



地味で簡単な作業な割にシビアで作業性の悪いカブラ取り付けを行い・・・・・





































FxCam_1335019268468.jpg
こうなりました!
FxCam_1335019285697.jpg
こうなりました・・・・・・・


んー・・・・・



うーーん・・・・


P氏のカブにも同じものがついてるのになんか印象が違うぞ!?
慣れないから?ちゃんと全体像見てないから違和感感じるのかな?
オーバルウィンドウのビートルみたいなカブラの曲線が目立つ印象になったけどテールとの相性が悪い気がする・・・

・・・・少なくともオリジナル感は増したし・・まぁそのうち慣れるでしょう!!




アルミのベースが純正に比べるとやたら重く、カスタムするたびに重くなっていくカブリエル。こんな重量感のあるウィンカーは初めてだw
モノ自体はとある旧車の国産レプリカウィンカーで、作りもかなりしっかりしてるし良いものです。


FxCam_1335021023767.jpg
あと、テールに合わせてフロントのウィンカーレンズも元々こいつについてたものに戻しました。
クリアからオレンジに戻すことでなんとなく落ち着いた印象にはなったかな。






























FxCam_1335022375680.jpg
続いてフロントのサスペンションも交換。
作業的には誰でもできるほど簡単なので省きます。というか作業中、手がすごく汚れるので写真撮ってません。




FxCam_1335022358297.jpg
左のアーム付きがリトルカブ用、右のサスが今回装着するスーパーカブ用。
リトル用、多分ずっと外されずに付いてると思うけど錆もないし綺麗じゃないか。
ばねの巻き方が結構違うのね。
せっかくなのでグリスアップして装着します。






一応解説しておくと、カブ(別体タンク等の旧カブ除く)のボトムリンク用サスペンションには2種類あり、スーパーとリトル用で別れています。別と思われがちな50と90の違いはないみたい。

リトルカブは女性をターゲットに開発されているため、車高が落とされたり、それに伴うパーツ変更で意外にスーパーカブと共通部品が無かったりしますが、サスの味付けも同様で、体重が軽く飛ばさない女性に合わせて、柔らかくフワフワとした味付けのサスペンションが装着されています。

つまりリトルは、原付お決まりのしょぼいサスを装備したカブよりさらにしょぼいサスを装備したカブ。ということです。



まぁ50cc+女性にはちょうどいいですが、僕のようなおっさん、更にはファットマンにはかなり苦しいものがあるし、底ツキしてるとベアリングとか痛むし・・・
速度レンジが上がった車両に軟過ぎるサスというのは高速巡航で恐怖しか生まないので、機会があるなら変えるのをお勧めしときます。





まだ走ってないので何とも言えない部分ですが、
1万3千キロほど走ったカブ90カスタムから外した。と聞いているサスなので、ダンパーの減衰が生きているんじゃないか?と期待して交換したのに、手でシュコシュコストロークさせてみたら、死んでるポイ。(゜∀゜)

意味ないじゃないか・・・・
だれかまともなサスくれーっw
  • Share

0 Comments

Leave a comment