MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in リアルタイム

JUN PC20アップグレード

-0 COMMENT



カブリエルに使用しているJUNPC20の吸気系をチューニング!

追加部品はキャブ吸気口に直に差し込むインナーファンネル。
エアクリチューニングキットのパワフィルを純正を加工した物に変更し、ファンネルの形状変更。


変えた直後は中低速の瞬発力は消えて高回転の吹け上がりが大分上がったのでそういうパーツなんだ。と思ってましたが
中低速の大人しさはどうもセッティングが変わっていただけという初歩的ミス。


Mj102 sj38 nj5段の設定からメインをあげていくとトルクがもりもり出てくる!おお!

ただ上の設定と下の設定のバランスが今までと大分変わってるみたいで中低速が良くなるところまでジェット番手挙げると高回転が濃すぎる...
ニードルではどうにも調整しきれないのでスロー変えないとダメっぽい。もしくはエアクリ追加工。

というところで作業ストップ。


そのうちスローを40-45辺りまで入れて調整予定ですが、105ccにボア上げてから全開巡航することはないので中低速重視でとりあえずmj110で様子見。全開だけガボガボいってます。





町乗り仕様は扱いやすさと強烈な加速性能が物をいうと思うのです( ゜д゜ )




セッティングが当たってる開度でのパワー感は大分上がってる。
同じマフラーなのに今までよりかなりうるさくなった...
ババババババババババババって弾けてます。

ハーフスロットル80キロ手前くらいまで自然に伸びる。セッティングが変わったし煩くなってるしすごいパーツかもしんない!

  • Share

0 Comments

Leave a comment