MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in カブ

フルパワー化

-0 COMMENT
カブリエルの仕様を変更。

特に変わった箇所は
・軽量ピストン変更
・圧縮アップ
・マフラーのエキパイ径変更


カブやばいです。速い速いと書いてた前の仕様よりだいぶ変わりました。WRCさんもビックリしてたくらい。全体的に出力フィールがビビッドでレスポンス抜群な感じに。
うちのカブのバルブ径はヘッド変更してるモノのカブ90のノーマルヘッドと同じ。それでも十分すぎるほどパワー感あります。

もちろん速効壊れるようなエンジンじゃない。JUNNH用105素晴らしすぎる。



以下変更詳細。 FxCam_1307427152904.jpg
ピストンを軽量タイプに。*写真は現行型ピストン
音が気になると書いてましたがヘッド内部のカーボンが原因だったみたいです。
結構回してるけどピストンシリンダー、カムともに全く問題ない状態でした(゜∀゜)



変更した軽量型のピストンは昔の製品です。(変わった理由は後述)
現行型のNH105キットについてるピストンより軽く、ピストンリングが薄いです。あと同じフラットピストンながら若干圧縮アップになります。
ついでにヘッドガスケットを純正タイプのものから厚みが薄く圧縮が上がるタイカブタイプのガスケットに変更し、圧縮比がこれまでの9.?くらいから~10.5くらいに。圧縮的にはJUN BVヘッドキットと同じ圧縮比です。


上が軽くヒュンヒュン回るようになりました。
JUN105のインプレ書いた時からずっと上が回りにくいエンジンっての書いてますが、そのあたりの回転上昇の重さが消えて6000~9000回転辺りの回転数でヒュンヒュン回って実用回転数になってる感じです。タコの動きが機敏です。自動遠心クラッチでクラッチを切れなくてもヒュンヒュン回るということは圧縮アップとかでパワーも上がってるんだと思います。

前までは上が重いので6500シフトくらいででサクサクトップギアに入れてトルクを活かした走りでも変わらないって感じだったけど今回の変更で上まで回して走った方が確実に速い感じに。
あと上まで回した時の振動が大分消えます。なのでいつもの感覚で走るとえっ!こんな出してたの?って感じです。
ゼロスタートなら変更前の仕様とかなり差がつきそうな加速します。怖くて途中でやめましたが”よえ”キロくらいまでは一気に加速してました。




反対に圧縮も上がってるしゼロスタートの針の動き的に機敏さというか加速度も上がってるんですが、
体感的に巡行からアクセルオフ⇒再加速でガツンとくる直結感というかパンチ?粘り?
前をいく車に合わせて減速からシフトダウンせずに再加速するような場面でくるどっかんパワーが少し薄れたような印象で、再加速がすぅーっと滑らかになった印象もありました。ラグがあるわけではないんですが・・




低速のパンチ感、ニードル域が一番濃い設定でも薄く、手持ちのパーツでセッティングが出てないのでそのせいもあると思いますが、
ピストンリングの厚みで粘り感に変化が出るらしいです。





今回入れた旧式の軽いピストンより変更前の現行型のピストンのピストンリングが厚いのは吹き抜け?によるトルク抜けを防ぐのを目的にしてるのと、今回入れたリングの薄いタイプはオイル消費が多いそうなのでその辺を嫌って、カブに求められる性質を考慮しての現行型への変更らしいです。

長く乗るなら現行のピストンリングが厚いタイプの方が向いてるそうです。また、シフト固定でもパワーの粘りを活かして走るのに向いてる。逆に今回入れた軽量ピストンはシフトダウンして回して乗るのに向いてるそうです。



ピストン変更と圧縮アップで高回転で低振動のラクさ、スピードアップがいい感じです。
全体的にパワーがあがって滑らかでヒュンヒュン走るようになりました。上が回るので絶対的な速さも上がってます。軽いので燃費も上がるそうです。

ごり押し系マッスルエンジンからヒュンヒュン系スマートエンジンって感じですかねー。これは伝わらんな(笑)
ソロツーで高速巡行する人、絶対的な速さなら軽量ピストン向き、なんというかロードスポーツ的なピストン
マスツー、交通量の多い道走るなら現行型ピストン向き、どちらかというとオフ車ッぽいピストン。
って感じかな?
どちらも捨てがたいですが、夜の中環みたいな道を一人で走る時なんかは今回変えたピストンの方が気持ちいいです。車速上がってるし振動的にラクだし。










FxCam_1307434343473.jpg
マフラーのエキパイ径変更。
22パイから25パイへ変更。

これ、体感的にピストン変更よりパワーアップしたような・・
抜けがよいように変更したのに上のパワーアップより低速のパンチ感、ガツーンとくる感じが出たのが印象的です。ピストン変更でなんとなく低速のパンチがなくなったように感じた分を取り返す以上の変化でした。
もちろん抜けがいいので高回転のパワーも上がっています。
予想外の性能アップだったのでしばらく黙ってカブを見つめてました。

もしかしたら今までこのマフラーでリミッターがかかってたのかもしれません。かかってたとしても十分なパワー出てたんだけど(́◕◞౪◟◕‵)


moblog_80e984c1.jpg
排気音は
個人的には85cc時代につけてたモナカマフラーに音が近くなったような印象。マフラーエンドで出る空気の音というか低音が薄れて炸裂音系の少し音域の高い感じとか似てきてる気がする。てかクラブマンの音のが近いかもしれない。
音量は
大きくなってるんだろうけどなんとなく低音が響かなくなったような感じで静かになったように感じる。
少なくとも85cc+水本ミドルの時より遥かに静か。


まぁ、音的な印象はカブリエルに乗ってる時の印象でWRCさんに乗ってもらった時に余所から聞いた排気音はカブ丸君やアッチさんのレースカブ的なはじける系の音なんですけどね(゜∀゜)一応水本よりかは大分静かよ!













燃焼効率の悪いエンジンだと進角させて調子を出すらしいんですがうちの点火系はノーマルのまま。燃焼効率がいいってことらしいです。

今の仕様だったら乗る人が乗ればカブタイのスプリントレースで勝負できる気がするくらいいい感じです。いいすぎかな?実際レースには出ないので口先だけ。ということにしておいてくださいw



本格的にローギア感感じるようになってきたなぁ。すぐ吹けきってるし多分もう少しハイにした方が加速もトップも速くなるはず。
現状でF16-R35だからCRF70のパーツで一次減速比変えなダメかも。
  • Share

0 Comments

Leave a comment