MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in レポ

第二回C-CUP

-4 COMMENT
C-Cup83R815B83X88C4.jpg
カブ乗りによるカブ乗りのためのミニ四駆レース第二弾。参加させてもらいました^^

今回も案の定、セッティングのことばかり夢中で考えていたので写真や動画はない。てか会話すら上の空だった気がする。
移動はWRCさんにお願いしてフォレスターで。フォレスターってはえぇ。


今回はレイアウトはこんな感じです。おいてけ氏デザインでf1サーキットっぽいこーす。
フラットレースなのでジャンプもなくマシンを壊す危険性も低く安心。

特別ルールでアトミックチューンモーター限定なので勝ちをとりにいくなら超速+大径以上タイヤ一択。ストレート最後のレーンチェンジだけ気をつければレギュと相まって難易度は低く、可能な限りスピードを求めた楽しいレースになりそうな予感。






2台までエントリーできるので2台体制でいきます。
そんな今回のマシン。
写真をオックン式より転載させてもらいました。
他の参加者の画像はこちら⇒ (オックン式)
画像はオックン式より拝借。



20110222_1808306.jpg
メインは”F-61ブーメラン”
かつてMOMOSTINGERと名付けたマシン。
ネット検索では最速と言われるVSシャーシのPC/ABSの赤色強化。
前回のC-CUPでの勝利はジャンプを利用したラッキーパンチなものの、一応優勝マシンなので可能性がないわけではない、車速の関係で超大径タイヤを履かせ、ローラー位置を変えている以外は変更なし。





20110222_1808308.jpg
サブ、”ニヴァンテ・サルベージ”
僕らが子供のころに遊んでたスーパー1シャーシ。
実はメインのVS以上にガチで組んだ本気マシン。フラット専用
見た目がアレな井桁と超大径を避けた以外は手持ちのパーツと手持ちの工具で可能な限りカツカツと呼ばれるマシンに近づけた。


勝負はニヴァンテ。
ガチマシンなので、強度のいるバンパー・ギアボックス周り以外の部分は形を保てる限界まで肉抜き&肉厚落とし、駆動系ももちろん剛性確保、重心変更、ブレーキなしローラーのみでの姿勢制御。両軸用アトミ検証等々・・・・
本命はニヴァンテやけど外向きには”サブマシン”扱いとして、数日前に書いたブログ記事も未完状態での写真をUP(ユーピー)するという我ながら情けなくなるほどコスい手も使った。
レースとは許された枠内ギリギリいっぱいで最高のポテンシャルを発揮することなのだ。フハハハ(゜∀゜)



FxCam_1298164793189a.jpg
練習走行数回の調整でセッティング変更の必要がなくて練習時間やることがない。
ブーメランはやや安定性が欠けるものの十分優勝争いに食い込めそうなスピード。超大径を履かせたけど余り体感できる違いもなく安定しない分・・・
ニヴァンテは予想以上の出来。メインVSを超えるスピードとコースアウトの心配もなく安定して走りぬけるニヴァンテの走り、めぼしい優勝候補の走りとを見比べて目で見てわかる速度差があったので、勝ったな・・・とガチで勝利を確信した。




・・・・・はずだったのに。
リザルトはこちら⇒ (オックン式)


本番のタイムアタックになるとメイン、サブどちらも難所のレーンチェンジで全く完走できる気のしないコースアウト連発!(???????)ローラーが壁に食いつく気配もなくまっすぐテイクオフ!!
ちょwwおまwwww
作り手の僕に似て勝負弱さがとどまるところを知らない・・・・orz

それも朝から使い続けて弱った電池、スラスト角をきつめに設定して確実にタイムが残せる仕様にしてアンパイを切っているというのに。

速さに余り影響でなかったけど、ニヴァンテの方が練習走行中に2階から落下。施設の方に借りた虫取り網で回収するまでの長時間電源入りっぱなし、ギアボックス内部に侵入した大量の砂(ペラシャ受け偏摩耗)、落下した衝撃で肉抜きした電池受け、スイッチ付近、リアバンパーの破損と被害甚大。見事なまでのツキのなさww








P2204946.jpg
*おいてけさんのブログより転載。
アンペア指定でパンパンに充電した電池でコースアウトしなかったマシンがへたった電池でも飛ぶように。練習走行で問題なく走っていた他の人のマシンも同じところで同じ姿勢で飛んでいくようになってる。
何かの呪いが・・・w




CA343353.jpg
いっきゃさんのブログよりTENSAI。
度重なるダイブで音速の壁に穴がw
ほんとに何か変わったのかわからないけど練習走行時よりクリアの限界速度は下がった模様。


ライバルのコースアウトで沸き起こる歓声、はじける悦びwたまらんw
二台×三回も会場を悦ばせた僕は悦び組エリートw

スピードも速くギリギリ安定するセッティングにバッチリ合わせたWRCさんのVSVFXがベストラップで走り切りゴールイン。

おめでとうございます!
めっちゃくやしいですw





恒例のベジマイトレース。今回は6台タイムを残せなかったマシンがいる(僕だけ2台とも)のでここで負けるとベジマイトというを持って帰らねばならない鬼畜レース。
イチゴ君が動画をとっててくれました↓

2台のうち遅い方のブーメランでも2位以降にこんだけ差をつけれるんですよ。そりゃ勝ちを確信するで・・・
確信しただけに負けたショックが大きくて前回のおいてけさんの気持ちがすごくわかりました(笑)
てかこんなときだけ普通にレーンチェンジクリアしとるやんけ!wwおおふぅ







他にも
すごく久しぶりに会った気がするUSKさん
sutekiさんの自作ステッカー。サーチアンドデストロイ
ハルカ君の鬼畜記事のネタになってたウナギ君のマシン。
やはり同じところが折れるVSシャーシ。
一人だけ艶が違うシャガさんのマシン。
子供達以上に真剣に子供のマシンの走りを見ている父。
さりげなくいつもいい結果のhitoshi君のどや顔
驚くほど会話していない5時間

施設を5時間も借りていたのに夢中になりすぎてあっという間。
企画実施してくれたオックン、おいてけさん、きゃんさん、hitoshi君、お疲れさまでした。ありがとうございました~!
  • Share

4 Comments

三越斜軽  

No title

大人なんて、そうキレイなものではないのだよ。
ま、結果は残してなんぼやしな(笑)
トラッキンのシャーシでも、タイム残せたら、ヨシ。

ってか、ももっすと話してたらRCもしたくなってきた。
シャガ少年が買えなかったバギーチャンプやマイティフロッグも、今では買える(かもしれん)し…。

2011/02/27 (Sun) 22:57 | EDIT | REPLY |   

ももす  

No title

三越シャガさん>>
くそー、めっちゃ悔しかったですよ(笑)
惨敗もいいとこでした。タイム・・・・・LCめぇ。

RC、アレおもろいっすよね!セッティングも実車並みですしまたやりたい遊びっすね。
この間実家に帰った時V-ONE RRとインファーノのマニュアル見ながら復活させようとしたんですが、部品点数が多すぎて意味不明で何一つ理解できませんでしたw
おもちゃが実車に近づくたびにシャガさんとかWRCさんバーベーさんあたりに勝てる気がしなくなってくるのはなんででしょう(笑)

2011/03/01 (Tue) 21:07 | EDIT | REPLY |   

バーベー  

No title

今頃、気付いた・・・名前出てたんで。

俺も含めて、おっさん連中は子供にええとこ見せたいから。
「お父さん、すごいやろ!」って。(ウソ


ちょっとした道具と段取りの差かな?
物が小さくなればなるほど、要求精度も高くなるから
でかい指で、小さいもん加工すんのは、はっきり言うて
メンドクサイ。

2011/03/09 (Wed) 23:26 | EDIT | REPLY |   

ももす  

No title

>>バーベーさん
なるほど~。加工技術もそうですが情報量の差とかその辺から来る発想なんかも素人の僕とはどこか違うんじゃないかと思ってます^^

細かいの、結構神経使いますよね。何度もEリングつけ損ねたりしたら発狂しそうになりますw

2011/03/10 (Thu) 21:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment