MUDA PLANET

ARTICLE PAGE

in カブ

JUN・強化オイルポンプ搭載

-2 COMMENT
レツアンドゴー・・・ブーム直撃世代だけに、いまやミニ四ブログのようになっているわがサイトですが、一応カブ系ブログなんです。そこんとこ夜露死苦。


というわけで慣らし距離を走破したのでオイルを変えるついでに、バーベーさんにレクチャーしてもらいながらオイルポンプ強化しておきました。
エンジンオイルで手がギトギトだったので写真は少なめ。

入れるのはJUN INTARENATIONAL製の強化オイルポンプ。
純正の排気量であれば無用の長物ですが、ボアアップ等の排気量アップした車両であれば入れておきたいところ。
抵抗が大きくなるので大きくすればいい。というものでもないですがJUNさんのところのパーツなので安心してます。



FxCam_1292051549909.jpg
カブラ右、ステップ、キックペダルをサクッと外し、プラハンでコツコツ叩きながらクランクケースカバーを外します。
外す際にブレーキペダルのバネが少しカバーに干渉しますが強引に抜けばなんとかなります。


手前の大きい塊がクラッチ。奥に見える花っぽい形のギアはプライマリードリブンギア。最近まで僕のカブには8mmのプライマリードリブンが入っていると思ってましたが実際に入ってるのは12mmのギアでした。OTL
アッチさんとかのレースカブに入ってるのは6mmくらいまで薄く削ったものでここの重さをとると速くなるそうな・・・
WRCさんやカッパさんのには7mmまで薄くしたJUN製のプライマリードリブンが入ってます。




で、ここからはバーベーさんに助けてもらいながらクラッチの中央のビス4つをはずし、ユニバーサルホルダーとよくわからない形をしたソケットの特殊工具でクラッチをはずし、一次減速比を決めるちっこいギアもいぼいぼのカラーも外します。
ここまでばらすとオイルポンプが見えます。





オイルポンプを変える前に確認。
FxCam_1292051520108.jpg
オイルストレーナーです。
こういうパーツはオイルフィルターみたいに簡単にメンテナンス出来るようにしておいてホシイところです。

写真を撮る前に少し洗っちゃったけど、結構鉄粉が溜まってました。
ミッション変更+97ボアアップ+105ボアアップと慣らしが必要な改造をしているエンジンなので・・・・・・
4速化から2万キロ乗った状態でこれです。
一応、エンジンいじってる人はココだけでも見といたほうがいいかも。エンジンカバー外すだけで見れるし。
















FxCam_1292052232134.jpg
オイルポンプ比較。
左がJUN製強化オイルポンプ。(モ〇キー用の1.6倍の容量)
右がC90純正オイルポンプ。
見た目的に割と簡単に違いがわかりますな。

オイルポンプもばらしてギアがしっかりかみ合うようにピンを入れてから、ばらした時と同じように組みつけていきます。
クランクケースカバーを付けるときは頂点のネジから締めて行き、対角のネジ⇒頂点のとなり⇒対角⇒・・・・という風に締めておくらしい。








組み付けて性能がどうこう変わるパーツじゃないので変化はわからないですが、コールドスタート時のエンジンの音が少し角が取れてしっとりした音になったような気はします。

何はともあれ安心度が高まった気がしますね。^^
  • Share

2 Comments

アッチ  

No title

これでまた安心して走れますね~~ドリブンは削ってしまいましょう~最高速、加速、燃費、変わりますぞ~~~~~

2010/12/14 (Tue) 00:33 | EDIT | REPLY |   

ももす  

No title

アッチさん>>
やっぱりエンジン音はしっとりした感じになってますね!
かっぱさんのカブで7mmドリブン装着前、装着後で乗らせてもらったんですが、めっちゃフィーリング良くなりますよね!6mmがレースでのハードワークに耐えてるので耐久性も怖くないですしね~
流石JUNさんです!
こういうのをやっていくとアッチさんとかカブ丸君の化け物じみたカブになっていくんですよね(笑)

2010/12/14 (Tue) 22:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment